【静岡ぶらぶら⑦駅前と浮月楼】

c0042960_14255126.jpg


丸子へ出かける前に、静岡駅前を見学。
前日に観光案内でもらったパンフ(地図)に駅前の様子が出ていたので、確認?をしにうろうろしました。

ホテルセンチュリーがあるのとは、反対側、表側ですね。
駅前で何が不便かといって、目の前に国道1号が走っていることです。
駅を出ても、地上では横断できないのよね。
しょうがないので、地下にもぐって渡ります。
地下にもぐる入り口はどれもとても立派でした。
エレベーターが沢山ありました。

もっともずっと端の方に行くと横断歩道もあるのですが、駅を出てすぐは潜らないと渡れません。
それがいやに面倒に感じました。

c0042960_1426169.jpg


静岡駅と国道1号の間の空間に竹千代君の像や大御所家康公の像がありました。
両方共見つかってよかったです^^

大御所像は徳川幕府の400年記念の時に建てられたそうで、比較的新しいものでした。
後ろにそびえるのが葵タワーです。
2階が静岡市美術館になっていました。

向かって右側には松坂屋がありました。
地下にはキッチンスギモトが入っていて、以前の銀座の松坂屋と同じだわ♪と、おもひました





c0042960_1426112.jpg

国道1号を渡って、少し行ったところに、浮月楼という由緒ある建物があります。
今は料亭?結婚式場?として、賑わっていました。

明治維新後、15代将軍徳川慶喜はしばらくの間静岡に住まいしていました。
ご隠居さんなので、趣味三昧の毎日。
とにかく、器用で、なんでも出来てしまう方だったそうです。

その中には写真もありました。

この浮月楼になった建物にも少しの間住んだことがあったそうで、
勿論ここの写真もありましたよ!!
c0042960_14262018.jpg


写真といっても、お庭の風景です。

c0042960_1427225.jpg


HPです: 浮月楼


HPに慶喜公の年表などものっていますので、是非参考に!!

c0042960_14273254.jpg


帰り際にちょうど慶喜公没後100年の企画展を開催中だったので、
きっと浮月楼の写真があるに違いないと、目を皿のようにして(だって、ものすごい数の写真があるのです)探したら、ありました!!

あったあった!!
お庭を見せてもらった甲斐がありました。

お庭を見せてもらうだけでも、親切に中にいれていただきました。
日が良いのか、センチュリーもそうでしたが、こちらも結婚式で大賑わい♪

いい日の浮月楼でした。

帰ってきてからバスツアーの案内を見ていたら、こちらで昼食というのがありました。
機会があれば参加したいな~
静岡市がほんの少しわかったので、興味が出てきたのです。

この後駅前に戻り、丸子までバスに乗りました。
トラックバックURL : http://rose2004.exblog.jp/tb/21811263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by genova1991 | 2014-01-07 16:52 | ・・静岡市ぶらぶら旅行2013 | Trackback | Comments(0)