【1970年のJALの機内食メニュー(北極航路)】

b0009849_19431946.jpg


狸田所長さんのコメにエールフランスの北極通過証明書があるとのことで、
ウチにもあるのですが、JALで、1970年ですから5年負けた(爆)

上はメニューの表紙です。JALらしいそっけなさ、、

b0009849_19444899.jpg


松尾静麿時代ですね。日付変更線通過記念証もありますよ。松尾静麿。松尾静麿長いわ~~



b0009849_19453524.jpg


メニューの表紙をくると、中表紙

b0009849_1946241.jpg


まあね。羽田で作るのですから、似たような内容です。でもないか、スナックだから軽め?
紅茶もあります(笑)

b0009849_19463265.jpg


アンカレッジで牛肉をのせたのか、ステーキが出ました。
やはり古めかしい表現ですね。牛繊肉とか、宮中晩餐会のよう (^^♪

b0009849_19483963.jpg


日本語だけを写しました

クロワッサンじゃなくて、クレッセントロールなのですね~、昭和のネーミング?
朝は日本茶ではなくミルクがあります。

それでですね、いやにページ数が多いわけです。
う~~む、、???

1970年ですから、JALも毎日ロンドンやパリに飛ばせたわけではないのでしょう。
1週間分をまとめて1冊にしたのでしょうね。
行先がばらばらwww

b0009849_19494087.jpg


ばらばらの行先から、さらに先があります

b0009849_1952331.jpg


b0009849_1952141.jpg



なんだか訳のわかりにくい、メニューではありました。
でも、私が乗った頃も行先が色々だったような記憶があるので、
こんなものなのでしょう。私の時代になると、記念証だの立派なメニューはもうありませんでした。

b0009849_19551328.jpg



b0009849_19552129.jpg


到着したのは、ロンドンだったようで、こんな写真が貼ってありました。
まだエリザベス女王がもう少し若かったころです、、

b0009849_20101415.jpg


これは、絵葉書です。
ロンドンの次はパリ

b0009849_20103624.jpg


セーヌ河畔

b0009849_20105564.jpg


オーソドックスに凱旋門

b0009849_20111322.jpg


凱旋門の中からシャンゼリゼを眺めた図でしょうか?

b0009849_20114016.jpg


絵葉書です。この眺めは今もたいして変わらないのでしょう。

b0009849_20121045.jpg


それから、モンマルトル

b0009849_20123174.jpg


テルトル広場の似顔絵描きさん。
この人に描いてもらったのですが、全然似てなかったわ。
その絵はどこかにあるのだろうか??

b0009849_20134359.jpg


b0009849_20135512.jpg


賑わうテルトル広場

b0009849_20141425.jpg


次はドイツです。ライン河

b0009849_20144355.jpg


船の写真があるというのは、乗りはしなかった??

b0009849_20215387.jpg


お次はウィーン

b0009849_2022953.jpg


b0009849_20222285.jpg


今でも馬車なんて走っているのですか??

b0009849_20224291.jpg


オーパーと赤白電車
リンクを走っているのかな?
私も一度だけ真冬のウィーンに行ったことがあるので、赤白電車は懐かしいです。

b0009849_20233883.jpg


新宮殿とありました。

b0009849_2023595.jpg


ウィーンの絵葉書です。
ここに写っている像は今も変わりがないでしょう

b0009849_20242916.jpg


それから、デュッセルドルフ
ヘンケルのハサミやあれやこれやを買ってきてくれました。
ウチの包丁はいつも双子印だったな~

b0009849_20252770.jpg


コペンハーゲンでJALに乗ったようです。
SHIMA と名前が見えますね。
今はもう名前なんてついていないのよね?
トラックバックURL : http://rose2004.exblog.jp/tb/26590602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-01-29 06:58
北極圏や日付変更線通過、良いですね。
いろんな国、いろんな機種の飛行機を体験しているのでしょうね、
バグースです。
私は、ガルーダインドネシア航空の赤道通貨ステッカーを持っています。
そう、最近は機内食のメニューは回収されるようになってしまいました。
持ち帰りが楽しみだったのにな。
Commented by genova1991 at 2017-01-29 11:11
☆umi_bariさま
昔はヒコーキに乗って外国へ出かけるのは大仕事でしたものね。
航空会社のビニールのショルダーバッグも色々ありましたわ。
捨ててしまったかな、、
今は昔の昭和の思い出です。
>メニュー でも、写真に撮って置けば、嵩張らないお土産になりますから
それでよろしいのでは?←21世紀
Commented by petapeta_adeliae at 2017-01-30 00:08
海の幸 タート入りのタートとは何ですか?
サンドのアリークローも??
ハンブルクというとハンバーグのイメージですが
この頃、ハンバーグはポピュラーではなかったのかな?

オイルショックぐらいの時期ってヘアースタイル、
ファッションもステキで一番気になる時期です。
Commented by genova1991 at 2017-01-30 14:44
☆ソーニャさま
>タート 英文字はタルトレットとなっているので、
タルト皮の上にサラダをのせたものかと思います。
まだタルトだのタルトレットだのが一般的ではない時代でしょうね。
>ブリークロー コペン便なので、スウェーデン料理だそうです。
淡水魚の卵(たらこのような感じ)で珍しいそうです。
>ハンバーグ 個人的にはアメリカでハンブルク出身の方が食べた
イメージが強いのですが、現地でも一般的なんでしょうかね??
よくわかりません。
>オイルショック 上を下への大騒ぎの時期で、トイレットペーパーを
探すのに忙しくて、ヘアスタイルの印象が薄いです(爆)
スカート丈が戻ってきた頃だったかな?
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2017-01-28 20:00 | 思い出 | Trackback | Comments(4)