カテゴリ:美術館・博物館( 115 )

b0009849_19544687.jpg


b0009849_19543670.jpg


ブルドッグくろしおの隣に昭和の駅がありました。
赤い昭和のポストもたっています(^^♪

More
by genova1991 | 2017-04-06 08:53 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(6)
b0009849_10241055.jpg


b0009849_10242337.jpg



昭和初期の食堂車だそうです。
立派ですね~
こんな場所でエレガントな食事をしたいものだと思いました。
北斗星もトワイライトエクスプレスもカシオペアも、乗ったことがありませんから、
平成初期の食堂車はもっとエレガントだったのかな~と妄想(笑)

そうだ!!
箱根のラリック美術館で、オリエントエクスプレスの食堂車なら乗ったことがあります(大笑)
珍しく夫が思い出して、触れていました (^◇^)

More
by genova1991 | 2017-04-05 10:58 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(14)
b0009849_18412129.jpg


b0009849_1841369.jpg




ウェブサイトです: ピーターラビット展

ちょっとばかりひまつぶしをしなければならない状況に陥り、久しぶりで渋谷のザ・ミュージアムに行ってきました。企画はビアトリックス・ポター生誕150年記念の「ピーター・ラビット展」です。

三菱信託を思い出すから、イヤ とかなんとか云う夫を引っ張って東急本店裏のBunkamuraに行きました。

More
by genova1991 | 2016-09-10 19:02 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(3)
c0042960_14473374.jpg


(2012年夏)

c0042960_21531678.jpg


(2012年秋)


b0009849_20575413.jpg


(2009年の写真)

毎日新聞:西洋美術館  コルビュジエ作風顕著 世界遺産へ


上野の西洋美術館が念願叶って世界遺産入りするようです。
長い間運動をしていた方々もお喜びのことでしょう。

もっとも、古い建物故バリアフルですが、遺産になったら手を加えられないから、年を重ねたらもう行けなくなるわね。と、バーサンはおもひますた。階段が沢山あって、上り下りが厄介なので、エスカレーターでしゅーっと上の階に行ける都美術館の方が便利で好きです(^^♪

b0009849_2303730.jpg


ル・コルビュジエの名前を初めて知ったのは、かれこれ40年以上前、初めてフランスに行った際にバスツアーでど田舎にある ロンシャンの礼拝堂だったか教会を見学した時でした。
本当に田舎の中にぽつんとえらく近代的なデザインの建物が建っていてびっくりしたのが昨日のことのようです。もちろん西洋美術館が同じ人の設計だなんて、これっぽちも知りませんでした。

コルビュジエに美術館の設計を依頼したのは、松方コレクションをフランスから取り戻すためだったそうです。ちゃんとお金を出して購入した絵画を返してくれないフランスもひどいですよね。
入れ物を作ったので、ようやく日本に来たそうです。でも、全部じゃなかったって、、

西洋美術館を造ったおかげで、モネの大きな睡蓮の絵などを間近で見られるようになったのですから、それはそれでよかったのでしょうね。
by genova1991 | 2016-05-18 22:52 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)
b0009849_15172139.jpg


大学の同級生の絵本を紹介しましたので、ブログを始める前からのネットづきあいのある、お二方の個展のご案内です。

例年11月の始めからだったように思いますが、今年は少し早いようです。

場所は高崎市のギャラリーです。
*画廊オブジェ 高崎市福島町742-6
tel:027-373-3922




素晴らしい作品の展示があると思いますので、お近くの方は是非芸術の秋をお楽しみ下さいませ。

ブログ:

ちょっとシニアチック

どっこいSHOW

by genova1991 | 2015-10-04 15:25 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(4)
b0009849_9282625.jpg


b0009849_928482.jpg

  (お借りした画像です)


HPです: モネ展 印象日の出 から 睡蓮 まで


というわけで、先年行ったフェルメールの展覧会に比べると、入場待ちの列こそありませんでしたが、館内は結構混雑していました。1つ1つの絵画をじっくり眺めようと思うと、時間がかかりそうなので、主な物だけ近寄って見ることにしました。
会場構成は若い頃から晩年まで、年齢を追って展示してあり、モネの絵の変遷が一目でわかるようになっています。

勿論一番の目玉は印象派の名前の元になった「印象・日の出」Impression, soleil levant (Impression sun rise) です。 これだけは、独立して飾ってありました。いつものやり方です。
間近で見たい人は順番に歩きながら進み、立ち止まって見たい人はその外側から眺める手法です。

会場は暗く、絵だけにスポットがあたっているので、くっきりと浮かび上がって見えました。
なんだかイメージが違って感じます。
こんなに背景が赤かったっけ??
夕焼けのようにも見えるせいか、日の出じゃなくて日の入りではないのか?と
議論が起こったというのもわかります。

頭の中にあった印象と、目の前の印象の絵とが時間をへだてて少し違ってしまったようにも思えました。単なる錯覚ですけれどね。題名が印象だからね。印象は変わるのかもしれませんww

More
by genova1991 | 2015-09-25 09:57 | 美術館・博物館 | Trackback(1) | Comments(3)
b0009849_17112443.jpg


b0009849_1730210.jpg

(pm2,5が消えて美しい青空の渋谷)


何の気なしに展覧会情報を見たら、ザ・ミュージアムで「エリック・サティ」をやっているとのこと。

サティって作曲家じゃないの?
作曲家の展覧会って何だろう???
沸き上がる疑問 ( *´艸`)

まあね、いつだったか、ルノワールの絵画と映画なんていうのもあったので、作曲家の展覧会だってありなのでしょう。



サティの音楽については、↑の BGMになっている「ジム・ノペディ」と



このジュ・トゥ・ヴ (おまえが欲しい)位しか知りません。
世間的にもそうでしょうね。

そもそもElik Satie なんて綴りだから、何人だろう?なんて思ってしまった。
北フランスのオン・フルールの生まれだそうです。
音楽の才はあったのか、パリ音楽院に入学するのですが、あまり熱心な生徒ではなく途中で放棄して
軍隊に入ります。う~~む、、、

というようなことは、

HPです; 展覧会構成と主な出品作品

HPです: エリック・サティとその時代展

ザ・ミュージアムのサイトに詳しく書かれていますので、ご参考になさってください。

More
by genova1991 | 2015-08-06 17:32 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(4)
c0042960_15593794.jpg














公式サイトです: 私の印象派「ワシントンナショナルギャラリー展」

内容をひととおり見せてくれる、動画サイトを見つけたので、これにて完了。
なんちゃって^^;

ルノワールの キジ猫 「福にゃんを抱いた女性」 (勝手に命名w)の絵は本邦初公開だそうで、ポスターにもなっています。ワシントンDCのスミソニアンの博物館群の中にある、ナショナルギャラリーは、30年ほど前にほんの少しの間滞在した折の、私の日中を過ごす空間でした。
小部屋に分かれた展示室には、結構アトランダムに絵画が展示してあり、面白い展示の方法だなと思いました。展示してある絵画は、すべて寄贈されたものなので、元のコレクターのものごとに部屋わけされていたのでしょう。フランスの美術館なんて、宮殿を転用、駅を転用なんて感じですが、絵画を展示するためにわざわざ作られた美術館は、アメリカだからなのだろうなと感心したのを思い出します。(もっとも、普通はそうでして、フランスが変なのかもしれません)
旧館と新館(その頃まだ出来立て)の2つがあり、旧館は中央にドームのあるクラシックな建物でした。ちょろちょろと小部屋の中に展示された絵画を眺めては、ちょいと休憩をし、地下のカフェテリアで何か食べて、そんな感じの過ごし方を毎日していました。入館料が無料なので気楽に行けたのです。ポスターになったキジ猫の絵やピアノを弾く少女2人の絵(こちらは来ていません)、ルノワールの絵が記憶に残っています。30年振りで再会できて、本当に嬉しかった!!

More
by genova1991 | 2015-02-19 16:50 | 美術館・博物館 | Trackback(2) | Comments(6)
c0042960_1858126.jpg


c0042960_1858942.jpg




入ってすぐのケースに展示してある3点が、コレクターご夫妻の一番のお気に入りのカップだそうです。






昨日は三菱一号館美術館のワシントンナショナルギャラリー展を訪ね、今日は三井記念美術館のデミタスコスモス展に行きました。先にデミタスカップに行きます!!
だって、素晴らし過ぎてガ~~~ン!!だったんだもの。

いつもはお雛様の展示の季節ですが、今年はデミタスカップだったので、嬉しくて三越前に出向きました。寒かったorz

デミタスカップというのは、食後のコーヒーを楽しむための小さなコーヒーカップのことです。
デミ(ドゥミ)は、半分、タスはカップのことなので、ハーフサイズカップの意味となります。
今回の展示は東京の鈴木ご夫妻の個人コレクションだそうで、いつぞやの匿名個人のフランス絵画のコレクション展示といい、日本にも素晴らしいコレクターが沢山いらっしゃることに嬉しくなりました。←コレクションとは縁のない庶民なんだもの(><;)

三井記念美術館 ; デミタスコスモス  ←クリック!! HPにデミタスコレクションの素晴らしい画像が沢山出ています。

More
by genova1991 | 2015-02-18 20:08 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(12)
c0042960_189728.jpg


c0042960_1882921.jpg




10日ほど前の午後、渋谷にぶらりと出かけました。
ザ・ミュージアムのチケットがあるので、バンクシャの名前の元になったバンクス氏の偉業を鑑賞して、その後に西村でおパフェという、いつもの行程です。知恵がないので、こればっかりだ、、

HPです:バンクス花譜集展

More
by genova1991 | 2015-02-06 18:48 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(4)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(藤沢市のゆるキャラ、ふじキュン♡)


by 白玉団子