カテゴリ:読み物( 43 )

b0009849_21534232.jpg


アメショっす!の桃にゃんさん宅からしろいねこVol.2のめわさん宅に貰われていったグレ子ちゃんが福子ちゃんに改名して、元気に先住のみるこちゃんと暮らしている様子をいつもブログで拝見しています。今度ムック本に掲載されたとのことで、早速本屋で買ってきました。

表紙ははっちゃんの後任のきゅうちゃんです。
はっちゃんは個性的な顔立ちだったけれど、きゅうちゃんは文句なしの可愛いにゃんこさんですね。

ぱらぱらっとめくると、結構読みでがあったので、立ち読みで終わらせずに買いました。
猫本を買うのは久しぶりです。

More
by genova1991 | 2017-06-25 22:07 | 読み物 | Trackback | Comments(1)
b0009849_2140510.jpg


b0009849_21401631.jpg


今日から横浜高島屋で池田理代子展が始まったので、早速見に行ってきました。
水曜日なので都合が良い (*´▽`*)

いつまでもあでやかで、真っ赤なルージュがよくお似合いの理代子先生も今年はめでたい古希のお祝いなのですね。びっくりしました。なるほど団塊まっさかり世代なのだなと思ってみたり、、

サイトです: 横浜高島屋

More
by genova1991 | 2017-04-26 22:01 | 読み物 | Trackback | Comments(4)
b0009849_1541172.jpg


実家の本箱には、私が置きっぱなしにしていた文庫本も沢山残っていました。
本はもう要らないので全部処分するつもりですが、思い入れのあるものだけ少し引き出し。

More
by genova1991 | 2017-01-29 15:57 | 読み物 | Trackback | Comments(2)
b0009849_16185659.jpg


Hanako(ハナコ) 2016年 6/9 号 [雑誌]

マガジンハウス




2~3日前の朝のこと、寝起きに冷たい緑茶をぐびぐびと飲んだところ、

ズッキーン!!

左上の歯が痛い痛い痛い!!
何事ゾorz

それからしばらくの間、冷たい飲み物やアイスを食べるとズッキーンとくるので、怖くなって歯医者さんに行きました。
ら、
大口開けて、冷たいナニカをシュシュっとしても、
ズッキーンが来ませんよ~~~
怖いから痛い歯の側は使わないようにしていたので、今日は気が付かなかったのですが、
しみなかったの。

あれま。。。

「知覚過敏でしょうね。」と薬を塗ってもらい、試供品のシュミテクトをもらって、
あ~よかったわ。虫歯でガリガリ削るのかと覚悟をしていたので、ほっとした帰り道、
セブンを覗くと、こんなのが並んでいましたわ。

へぇ~~~

凄い題名。

史上最高って何?

今はテープ貼りで中が見れないので、買ってしまった(笑)
久しぶりのハナコちゃんでした。

More
by genova1991 | 2016-05-27 23:17 | 読み物 | Trackback | Comments(8)
b0009849_14455848.jpg


b0009849_1446682.jpg


昨日咲いた花がまだもっているので、更ににぎやかになりました。
球根植物ですが、何回も咲くので、宿根に近いのかもしれませんね。
手間いらずで勝手に増えてくれるし、どピンクが可愛いからお気に入りです。

少し前に咲いていたオニソガラムのように、ニラ臭くもなく、このほうがいいわ。
春先になると、水仙の葉をニラと間違える中毒事故が毎年起きますが、
オニソガラムだったら、臭いから間違えそう。
水仙はくちゃくないし、葉もニラと違い固いから、なぜ間違うのか疑問ですが、混ざっていたらわからないことはあるのかもしれないのかな?と、おもひました。。(にしてもわかりそうなもんだよ)

ニラ臭いオニソガラムもようやく終わり、やれやれ
桜のころから臭くてまいっていました(笑)

今日は朝からちょっと良いことがあったので、ゴキゲンです。

ちょっと良いことの良いこと加減がどうしようもないのですが、
5日ほど前から行方知れずで家中探し回っても見つからなかった私の通帳

あきらめて、再発行してもらおう、ハンコや身分証明書やあれやこれや取り揃え、
「そうだ、古い通帳を持っていけば役に立つかも」
と、古い通帳を探していたら、行方不明が見つかったのでした。

あ~~~

よかった(^◇^)
銀行に行かずに済んだわ

小さな幸せ   041.gif

「モーパッサン」とあれやこれやのピンキリ
by genova1991 | 2016-05-23 15:10 | 読み物 | Trackback | Comments(2)

夜の木

バッジュ・シャーム / タムラ堂



(↑ 中古でも定価より高くなっている、、)


大学の同級生からメールが届き、内容は新刊の案内でした。

聞いたことがあったのかもしれませんが、脳内に残らなかったのでしょう。
絵本を出しているだなんて、全然知らなかった。

上記の「夜の木」という絵本が人気を博したそうで、今度は「世界のはじまり」というやはりインドの手作り絵本を出版するのだそうです。

手作りとは、どういうことか?と思ったのですが、
シルクスクリーンで絵を1枚1枚刷るらしい、、、

う~~む、、そりゃ手作り絵本だわ。。。

このマスでデジタルな時代になんという手間暇でしょう。

インドだから手作りをしてもペイする?(のかどうかわからんが)土壌があったのかもしれません。
大層美しい絵本だそうなので、ちらっと見てみたい衝動に駆られました。
もっとも、私自身は感性が鈍くなりすぎて、絵本を愛でるというような繊細な感覚とは程遠い日常です。

絵本どころか、フツーの本さえ読まなくなってしまったもの。
残念至極

HPです:タムラ堂 【世界のはじまり」(予告)

訳者が私の同級生です。本業はフランス語の先生(のはず)です。
インド語?なんてないか、ヒンディー語が出来るとは知らなんだ。
もっとも絵本なので言葉は少ないでしょうから、なんとかなるのかしら?
見ていないので想像するほかありません。

HPです: タムラ堂

HPを訪ねていただくと、インドでの印刷というのか、刷り刷りの様子の動画の紹介などもあります。

ウチから吉祥寺というのは、とても行きづらくて遠いのですが、吉祥寺周辺にお住まいの方がおありでしたら、是非一度実物をご覧になってみてください。
芸術品の絵本だそうです。
by genova1991 | 2015-10-04 14:58 | 読み物 | Trackback | Comments(0)
b0009849_1817661.jpg


c0042960_18214347.jpg

2012年の長谷寺の紫陽花
c0042960_18184852.jpg


(2012年の眺望散策路
c0042960_15484238.jpg

海光庵のぱんてら焼き

↑「温かいぜんぜい」だってorz
3年たってから気が付きました。

画像のアップがこの前から、時々おかしくなるので、やる気がすっかり失せてしまいました。ソーニャさんも2枚見えないと、何度かコメを下さいましたが、何が悪いのか、エキブロのせいなのか、天気のせいなのか、よくわかりませんが、ごめんなさい。
とりあえず、お詫び。

ツイッターのHanakoの表紙画像に、長谷寺のぱんてら焼きが見えたので、へぇ~~~
と、思いぐぐると、ハギーさんのブログが出てきました ( *´艸`)

私も前に食べたYO!とコメしてから、セブンで立ち読みしたら、海街diaryもちらと出ていたので、買ってしまひました。Hanakoの鎌倉特集はいつもあじさいの季節に出ますが、買うのは久しぶりです。わくわく (*´▽`*)

HPです: Hanako  webで立ち読みができるのかな?

More
by genova1991 | 2015-06-11 18:36 | 読み物 | Trackback | Comments(4)

【ミシュランの赤本】

c0042960_15175574.jpg


ミシュランガイドを出しているミシュランタイヤ。
タイヤ男のビバンダムが有名ですが、タイヤをすり減らしてもらうために(笑)旅行ガイド(緑本)やレストランガイド(赤本)を出して、お客様にどんどん車に乗って遠出をしてもらおう!!そのために作ったガイドブックです。


ミシュランガイド東京・横浜・湘南 2014―RESTAURANTS & HOTELS

日本ミシュランタイヤ



桜木町の横浜ブルク13で見た映画(マロリー)は舞台が南仏で、ミシュランの星が欲しくてたまらないマダムが登場しました。私たちが考えるよりも、おそらくフランスでは、もっとずっと権威のある星印なのでしょうね。

20年間1つ星なのでもう1つ星が欲しくてたまらない。
マダムの様子が描かれます。

この映画が好きなのは、主人公のハッサンの弟妹が可愛いことです。
子どもが出てくるとほっとします。
いつぞやの砂漠で鮭釣りには子どもが出てこないから退屈だったのかもしれません。

で、弟妹がハッサン兄に質問します。

「ミシュランの星ってなあに?どんなお星さまなの?」

素朴な質問です。
そりゃムンバイ育ちの子どもにとって、大人たちが大騒ぎする「星」とは
どんな星なのか、気になることでしょう。

ハッサンが上手に説明していましたが、忘れました。

実際にガイドブックにのっているのは、お花印で星印ではありませんから、
空に上がる花火のような形の星?とかなんとか言っていたように思います。

なるほどね~
長年の私の素朴な疑問→ 花のマークなのに、どうして星なんだい???

に答えが出たような気になりました。
映画でも何度も革命記念日の花火シーンが出てきますし、
ミシュランの星って花火なのかな~???  ←見当違いもいいところ?www

「北鎌倉に行ってきました」
by genova1991 | 2014-11-05 16:04 | 読み物 | Trackback | Comments(2)
b0009849_22134279.jpg


ランチのアッコちゃん

柚木 麻子 / 双葉社


どこかで書評を読み、ちょっと面白そうじゃない?と有隣堂へ行ってみると、
どさっと山積みです。
表にも裏にも積んであり、表紙からして目立ちまくり!!

美味しそうだなと買って帰る人がいるかもしれませんね。

もちろん料理本ではなくて、元気のない派遣さんと、元気一杯の上司アッコちゃんの物語です。

あっというまに読めるので、買わずに立ち読み否座り読みすれば良かった。
有隣堂には椅子がありますからね041.gif

恋人と別れて元気のない派遣のミチコさんを見かねた上司の女部長のアッコさんは、自分のランチとミチコさんのお弁当の交換を言い渡します。ビックリするミチコさん。
期間は1週間です。
その間に色々な所へ行き、アッコさんのランチを楽しみ、気分転換が出来てめでたしめでたし。
と、簡単に書くとそんなストーリーです。
アベノミクスでプチバブル的に嬉しい方々もいらっしゃるでしょうが、この20年間の基調は、あまりぱっとしないどんより曇り空。元気のない時代です。
アッコ部長のアイデアに少し元気をもらって気分が爽やかになればいいな。的感想。

もっとも物語もそうそうハピーには進まず、次の短編では、派遣された会社は倒産し、ミチコさんは別の会社に派遣、アッコさんは別の事業?に転身します。
この辺りが今風だなと苦笑いをしました。

軽くて読み易く(立ち読みで充分)元気が出るような錯覚に陥る、楽しい読み物です。
字だけのコミックみたいな?
そんな軽さでした。

婆さんには物足りないけれど、忙しくて時間のない若い方には一服の清涼剤?落ち込んだ日の気休め?
にはなりそうだなと思います。
たまには本も読もうよ~!!!
by genova1991 | 2013-06-30 22:22 | 読み物 | Trackback | Comments(2)
b0009849_18352313.jpg


母の遺産―新聞小説

水村 美苗 / 中央公論新社

スコア:



Amazon: 母の遺産 新聞小説


毎日jp : 大佛次郎賞:水村美苗さんの「母の遺産 新聞小説」に決まる

水村さんの作品は私小説、本格小説と2冊読み、母上の節子さんが78歳で執筆された作品も随分前に読みました。

寡作な方なので、思い出したように、ぽつ、ぽつっと小説が出ます。
前作を読んだのは、随分前だったような気がします。

この小説も春頃に出たのを知ったのですが、すっかり忘れていたら、大佛次郎賞受賞のニュースが飛び込み、思い出しました。
文庫になるまで待ちきれないから、数年?十数年?ぶりでハードカバーを買いましたよ~~

水村さんの小説は、巧みな筆致が小説らしくて、ドキドキわくわくするから大好きなのです。

小説を出すと何らかの賞を取るというのも凄いなと感心します。

私小説は横書きの珍しい文体が印象的。
本格小説は嵐が丘とうたっているだけあり、壮大?な恋愛小説?の印象がありました。

一番最初の「続明暗」だけは途中でおいてしまい、読破しなかった覚えがあります。

私小説も本格小説も今回の新聞小説も登場人物は少しずつ変えてはありますが、だいたい同じような感じです。水村さん本人と思われる主人公とお姉さん、お母さま お祖母さま。本格小説はそこに随分とにくづけがしてありましたが、基本的に人物の背景は共通します。

あと、場所も。千歳船橋とか^^;

今回も千歳船橋が出てきました。
小田急のロマンスカーがピポピポとオルゴールを鳴らしながら走っていた時代の記憶とか^^;

最後に箱根の山のホテルが舞台になるので、(ハイアットリージェンシーも出てきます)
「あれ?この前行ったわ~♪」と非常に親近感を覚えました。

ストーリーは晩年を迎えたお母さまの介護看病看取り、と主人公の結婚生活などがつづられています。
どれも身近な問題なので、身につまされながら読み進みました。

話の持って行き方がお上手なので、どんどん読めてしまい、
半日で全部読んでしましましたよ。
なんとコスパの悪い小説でしょう^^;

元が読売新聞の新聞小説なので、1年以上にわたる連載を一時に全部読む快感のようなものがありました。
なかなか面白いので、お時間がありましたら是非どうぞ。

表紙はいつものウィリアム・モリスです。
そういえば、都美術館に見に行ったなと思ったのですが、もう4年近く前のことで
すっかり忘れていました。
この展覧会を見に行ったのも、多分に水村さんがお好きだからというのもあったように思いました。
by genova1991 | 2012-12-15 18:32 | 読み物 | Trackback | Comments(2)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(明月院の姫紫陽花)


by 白玉団子