カテゴリ:・・鳴子峡と角館の紅葉2015( 21 )

b0009849_15344169.jpg


b0009849_15344845.jpg


あまり遅い電車にすると、家に戻ってから疲れが出るので、今回は比較的早めのこまちに乗りました。夕食は家に帰ってから食べようと思っていたのですが、、、

More
by genova1991 | 2015-11-22 22:33 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(8)
b0009849_1840880.jpg


b0009849_18401773.jpg


西宮家の目の前にあったのが、新潮社記念文学館です。
新潮社と角館の関係がわからなかったのですが、創設者が角館出身なので建てられたそうです。
郷土の有名人なのですね。

へぇ~~~

仙北市のHPです: 新潮社記念文学館

以下HPから拝借します

「角館町と新潮社」

新潮社記念文学館は、新潮社を創設した佐藤義亮(さとうぎりょう1878~1951)の顕彰を目的に設けられ平成12年4月にオープンしました。

初代社長の佐藤義亮は、仙北市角館町の岩瀬町出身です。

明治37年に、創設してのち新潮社を国内における大出版社にのし上げた功績は大きく「郷土が誇る先人の一人」です。

大正9年、郷里角館町に図書館が設置されたのをきっかけに「郷里の人々に、たくさんの本を読んでもらいたい」と自らの蔵書と社の出版物を寄贈したのは大正11年のことでした。

昭和26年、義亮はこの世を去りましたが「出版物の寄贈」という遺志は、社主が代わろうとも、今なお引き継がれています。

「新潮社文庫」と名づけられた文庫には、書籍のほかCD等のマルチメディアも含まれており、その数は27,000点ほどになりました。学習資料館全蔵書の約20パーセントを占めています。

情報センター正面玄関前に、佐藤義亮の胸像があります。これは新潮社のロビーにある胸像(朝倉文夫制作)と同じです。昭和28年に角館町の有志からなる佐藤義亮先生顕彰会が、火除け地広場に建立しました。平成12年、図書館機能を備えた総合情報センターの完成とともにここへ移設されたものです。


川端康成の雪国が描かれていて、?だったのですが、

以下同じくHPより

雪國のオブジェ

雪國のオブジェ新潮社記念文学館の外壁には本を開いた形のオブジェがあります。そこには川端康成の代表作「雪國」の~國境の長いトンネルを抜けると雪國であった~の一文が刻まれています。

 「雪國の舞台は新潟県なのになぜ?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、戦後出版された「新潮文庫」の第1号が「雪國」だったことにちなんだものです。



More
by genova1991 | 2015-11-22 19:00 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(8)
b0009849_1720547.jpg


おいしいお蕎麦のランチの後は、実は駅近くの果物屋さんでパフェを食べたかったのですが、ちょっと遠いのと天気が悪いのとで、お蕎麦屋さんの近くの「西宮家」で優雅なティータイムを過ごすことにしました。

HPです: あきた角館「西宮家」

昼食前に訪ねた武家屋敷通りとは少し離れていますが、このあたりも「田町武家屋敷」というそうです。泊まった「ねこの鈴」にもほど近く、とても便利な場所でした。

More
by genova1991 | 2015-11-22 17:37 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(2)
b0009849_17551147.jpg


小雨時々曇りの角館武家屋敷通りを散策した後は、元来た道を戻り「角館そば」でお昼をとることにしました。

HPです: 角館そば

More
by genova1991 | 2015-11-21 18:17 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(0)
b0009849_15381192.jpg


同じような画像が続いて、申し訳ありませんが、貼ります(コラ!!)

だって、すごく綺麗だったから、許して下さい (*´▽`*)

More
by genova1991 | 2015-11-21 15:57 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(6)
b0009849_13551114.jpg


b0009849_13552170.jpg


さて、小雨の中を傘をさして、とぼとぼとかくのだて温泉から武家屋敷通りへと向かいました。
もっともま~~~~っすぐ進めばいいだけなので、迷う心配はありません。

b0009849_13565820.jpg


郵便局横の地図をトリミングしてみました。
まっすぐまっすぐ、方向音痴の私共には至極安全なルートでありますw
46という数字のある所まで進み、戻りました。
武家屋敷通り往復 (^^♪
いいお散歩となりました。

More
by genova1991 | 2015-11-18 14:11 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(6)
b0009849_18392769.jpg

翌朝はしんしんと小雨の降る寒い朝だったので、ゆっくりと寝坊をして、
朝ご飯の時間になったら、隣の土間人へ食べに行きました。
雨が降っていていやだな~と思ったら、

近道アリ!!

b0009849_18402364.jpg


夕食を食べに行った時は知らなかったので、玄関から出て入り口から入りましたが、こんな近道があったのだ!傘なしでも小走りで行けば濡れない距離です。

More
by genova1991 | 2015-11-17 18:50 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(4)
b0009849_13493753.jpg

おねんねのメイちゃん??
b0009849_13494520.jpg

おねんねしているのは、マッサージチェア (^^♪
b0009849_1350135.jpg


いかにして、このにゃんこ旅館を見つけたのかというと、
そもそも角館での宿泊は目途もなく、駅の隣のJRの旅館でいいわ~
と、思っていたのに、
満員orz

致し方なく、楽天であれこれ探し(やはり一休さんは角館の扱いナシ)たら、

ココを見つけたのだった~~!!

にゃんこ温泉楽しみで楽しみでワクワクしながら行きました。

ここは最初にかくのだて温泉(銭湯のようなもの?)と居酒屋の土間人があり、その後に温泉の後ろの宿泊施設が出来たのだそうです。
まず

お風呂ありき!!

(と、猫ちゃん??)

HPです; かくのだて温泉町宿ねこの鈴

HPです: 土間人

More
by genova1991 | 2015-11-17 14:22 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(2)
b0009849_22114176.jpg


b0009849_1973033.jpg


余目駅で秋田行きの特急いなほを待っています。
パス旅は特急の自由席は乗り放題です。
どうせ席はあるだろうから、指定せずに乗り込みました。



地図はスクロールできます。
羽越線を北上して秋田まで。
その後秋田新幹線に乗り換えて田沢湖線を角館まで乗りました。

More
by genova1991 | 2015-11-16 22:17 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(6)
b0009849_14365729.jpg


のんびりラーメンを食べたり、粽を買っていたりしたせいで、ホームに着くととっくに余目行きは停車していました。2両編成ですが、案外人が乗っています。土曜日のせいもあるのでしょうが、座れないほどではありませんが、結構混んでいて予想外でした。もっと早く来ればよかったです。
最上川側の席はもう空いておらず、致し方なくロングシートへ、、orz



More
by genova1991 | 2015-11-15 15:06 | ・・鳴子峡と角館の紅葉2015 | Trackback | Comments(4)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(明月院の姫紫陽花)


by 白玉団子