「ほっ」と。キャンペーン

10月6日(水)【冠婚葬祭】

<金木犀の朝>

やっと青空が見えました。
すがすがしい秋の朝です。
b0009849_9224661.jpg
b0009849_9231219.jpg








b0009849_924188.jpg
金木犀が突然咲き始めました。
秋を待っていたのでしょう。
今日の青空に優しいオレンジ色が良く合います。

「頭痛・肩こり・樋口一葉」
は井上ひさしでしたが、(5000円札は来月?)私も肩こり・頭痛に悩まされています。
昨日はヒトの顔が見られなくなり(肩こりがひどくなると目が合わせられなくなります)家に帰ってからあわててピップを貼りました。
婆くさ~い・・・トホホです。
涼しくなると肩こりが始まり、それがひどくなると頭痛も起きるので憂鬱です。
30分マッサージに行ってきましょう。
本当は50分位してもらうといい気持ちですが、お財布が軽くなるのでせいぜい30分カナ?

「かたこりで、あったまいたぁ~~~い!」


<冠婚葬祭の悩み>

こちらも悩みますよね。
しょっちゅう新聞などに、生保の「いくら包む?」アンケートの結果というのがのります。
共通の頭痛の種。
そこで悩み解消のための運動がありました。
私は初耳、こういう取り組みをしていたのですねぇ~
これはT市です。


新生活運動の推進

市民が自らの創意と良識により、物心両面にわたって日常生活をより民主的、合理的、文化的に高めることを目指して行う新生活運動を活発にすることによって、健康で住み良い地域社会の建設に寄与することを目的とします。
地域社会で生活をともにするお互いが、自分たちの生活課題を自ら発見し、自主的努力によって解決しようとする住民運動です。
 


申し合わせ事項

☆ 真に豊かな生活のために次のことを申し合わせましょう ☆

◎ 葬儀の場合
   ・香典は、1,000円にしましょう
   ・弔問者はお返しを辞退しましょう
   ・施主はお返しを用意しないようにしましょう
   ・通夜では弔問者にお清め(カップ酒、砂糖等)は用意しないようにしましょう

◎ 結婚披露宴の場合
   ・会費制で行いましょう

◎ 病気見舞いの場合
   ・お見舞いは、1,000円にしましょう
   ・快気祝い(お返し)はしないようにしましょう

◎ その他のお祝いの場合
   ・出産祝い、節句、新築祝いなどは、1,000円にしましょう

◎ 環境美化などの場合
   ・郷土を愛する心を育てましょう
   ・花や樹木を大切にしましょう
   ・資源のリサイクルにつとめましょう
   ・家庭ゴミを減らす取り組みをしましょう


こちらは北海道のさる町
b0009849_1792520.jpg
b0009849_179478.jpg








↑は放っておかれた「伏見唐辛子」→は隣の猫「イクラ」ちゃん
 新生活運動で行う結婚祝賀会会費の上限額が改正されました
H16 4/12 UP

 新生活運動は、住民の主体的な活動を通して、明るく豊かな住み良い地域づくりを目指す住民運動です。
 上湧別町生活環境推進協議会では、住民の意識に根ざした、豊かでうるおいのある地域社会をつくるため、次のとおり新生活運動の重点推進事項を定め運動を推進しています。

          平成16年度新生活運動重点推進事項

◎時間厳守の履行
実施団体で開会時間の記録をつけて、時間厳守を進める。
(1) 会議等の案内には、開会時間ばかりでなく閉会時間も通知する。(日程表の作成)
(2) 集まる人の移動時間や距離などをよく考えて、時間のとり方を十分検討する。
(3) 案内を受けたら自分の都合を主催者に必ず連絡する。(主催者は連絡先を付記すること)
(4) 予定の時間になったら開会する。

◎結婚祝賀会(会費制)
(1)会  費 5,500円以内にする。
(2)案内人員 350人以内にする。
(3)料  理 簡素なものにする。
(4)引  物 一切つけない。
(5)お色直し 3回以内にする。
(6)時  間 2時間以内で終わらせる。
(7)両家負担 一切しない。

◎葬  儀
(1) 通夜の湯茶、菓子等の接待はしない。
(2) 弔華、生花等は親類、特別な関係者以外はしない。
(案内時に弔華、生花等、御供物をご遠慮願うよう併せて連絡する。)
(3) 祭壇はつとめて簡素にする。
(4) 香典返しの のり、はんかちなどは、簡素なものにする。
(5) 取越法要に案内された方は法要のみ出席し、酒類は親類、お手伝いの方程度にとどめる。

◎見 舞・祝
(1) お返しはつとめてしないことにする。
(2) 職場や団体でお見舞いとお祝いの範囲や額を決める。

※結婚祝賀会に係る会費の額が今年度総会において「4,500円」から「5,500円」に変更となりました。
※上記の事項は当推進協議会で全町的に実践することを申し合わせたものです。


簡素にという方針は良いことですが、北海道のなんて、「え~そこまで町が決めるのぉ~???」という感じもいなめません。
プライベートな問題なのにね・・

あっさりした近所関係の私共にはちょっと理解できない世界がまだまだ日本には存在するようです。
いや~勉強になります。
T県のS市にお住まいの方に尋ねましたら、葬儀の際に町内の子どもにもれなく1人100円ずつ配るという習慣があるそうです。教えてくれた当人も何という名の習慣かすらわからないとのこと。

「わけのわからない習慣の中で我々もわけわからずに生きているんですねぇ」

元は何らかの意味があったのでしょうが、長い間に風化して、なんだかわからないまま続けているというのも・・・・・日本らしい?
b0009849_17124910.jpg
b0009849_17131274.jpg








↑近所の金木犀の大木です。どこまで大きくなれるのでしょうか?

一般的にはお葬式のあとの香典返しは35日とか49日の法要のあとに送るのが普通だと思います。去年参列した葬儀では、斎場で行われたためだと思いますが、参列者ひとりひとり紙に住所・氏名・金額を書かされて、その日のうちに金額相当のお返しをいただきました。故に49日の挨拶状はナシ。
「これって、新しいスタイルなのかしら~?」
初めてでしたので少し驚きました。
最初は参列お礼にしては中味が豪華なので変だな、と思ったのです。
よくよく考えると、お香典即お返しの形のようでした。

ちょっと、儀礼的過ぎないか?と初めてのせいか訝しく感じました。

遠い親戚=義母の義理の叔母
はっきり言ってほとんど他人。
会ったことすらありません。
でも、義母には大切な方だったようで、「え!!!」という金額のお香典を出せ!と云われました。
「・・・・・・どうして、私たちまで。おかあさんは気持ち相当の金額を包めばいいけれど、私たちなんて関係ないではないの・・」と少し(大変)不満。
心の中ではブツブツ思いながら、云われた通りか「わかりゃしないから」少し減らしたかの金額を包みました。

49日が過ぎてお返しが届きました。
その亡くなった大叔母上が生前描かれた絵を染め上げた風呂敷です。
「・・・・・・・・・・・・・・」
家族の方には色々な思いがあり、懐かしい記念品が出来上がり満足されたことでしょう。
でも、「うちがこれをもらってどうするのぉ~?見ず知らずのおばあさまの絵の風呂敷・・・・・」記念の品は本当の家族だけにしてほしかった、あんなに沢山包んだのにぃ~・・・・・・と何だかあまり良い気持ちはしませんでした。私の感じ方はおかしいのでしょうか?「あそこんちはケチだ」という誤解(?)が心に残ったままです。
# by genova1991 | 2004-10-06 09:33 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

10月5日(火)【寒い雨の日】

<ミドリさ~ん>

日曜日から寒い日が続き今日ももの寂しく雨が降っています。
気温も11月並だそうで、夏から一気に冬になったような感じがします。
あったまいた~い・・・・風邪をひきそう・・
せっかく咲いた木犀の花が匂いだけふりまいて、ひっそりとしています。
深呼吸をするのが一番うれしい季節というのに、何ということでしょうか。
私の住んでいる町は順子さんが環境大臣だった頃の「香り100選」で「金木犀の香りのする町」に選ばれました。1軒に1本は金木犀の木があるように思います。
本当にいい匂いがしますのに、雨で。。。残念です。晴れるまで散らないことを願っています。
b0009849_19471540.jpg
それでもって、ミドリさんのメール。
返事を書くのが面倒なので、ここにコピペしました。読んでね。
日本の税制は宗教団体に有利なように作られているといわれています。
内実がわかるような組織に所属したこともないので、噂話程度の知識しか持ち合わせていません。福島県神社本庁のサイトをコピペしました。ご参考までに。上っ面の知識だけですが・・

◆お宮とお寺の違い

 神社とお寺は、ともすると同じように見られがちですが、よく見ると、外見上だけでも異なる点が多いのです。手水舎(てみずしゃ)や狛犬(こまいぬ)はお寺でも見ることがありますが、鳥居(とりい)は神社にしかありません。境内を見れば、神社は自然の森の装いを凝らしていますが、お寺の場合は、仏さまが安置されている関係上、公園や庭園の装いのところが多くみられます。また神社のご社殿の屋根には千木(ちぎ)と鰹木(かつおぎ)がありますが、これは神社にしかありません。

◆お賽銭(おさいせん)

 昔は散米箱(さんまいばこ)というのが置かれてあって、参拝者がお祓いの意味で、命のもとである米を捧げたものですが、今では金銭をもってこれにかえるようになりました。

 お賽銭は、神さまのために神殿の修理や、木を植えたり、境内の整備をしたりするのに使われます。

 お賽銭は別名、身削り(みけずり)などとも言われ、祈願をする人が自分のからだを削るほどの気持ちで大切なものを捧げるものです。

 日本の伝統文化を支えている地域の神社は氏子の皆さんのお賽銭で維持されているわけで、皆さんの神社を将来に亙って守り続けていくためにも、相応のお賽銭をお上げ下さることが大切です。


◆神社の組織

 昭和20年の終戦を転機に、神社界は大きく変りました。戦前は、神社は国家の管理のもとに国民の間に親しまれ、神道は国民生活の精神的支柱をなしていたのです。

 それが敗戦の憂き目を見るや、占領軍により、神社は国家とのきずなを完全に断ち切られ、以前神社のための役所で、内務省にあった神祇院は廃止されてしまったのです。これより各神社は、それぞれ一宗教法人として、仏教やキリスト教などの外来の宗教と並び置かれる以外に、存続が許されないことになりました。当時全国10万の神社は、バラバラの統制のないまま荒波に放り出されたのです。

 そのため昭和21年2月3日、全国の神社を統括するために、宗教法人法に基づく包括団体が設立されたのです。それが「神社本庁」で、当時東京都渋谷の丘にその事務所がおかれました。(現在は東京都代々木の明治神宮北参道口に移転)

 同時に神社本庁の出先機関として、各都道府県にも神社庁が置かれ、直ちにこれの打開策が協議され、全神社の指導と統制に当ったのです。以来今日まで、さほどの混乱も被害も出さずに、全国神社は、二千余の単立神社を除く、9割7分までが神社本庁に所属包括されたのです。

 神社本庁には、神宮祭主様を総裁にいただき、統理が本庁を総轄、その下に総長を中心とする理事が置かれ、その下に事務機構があり、全国から選ばれた評議員の議決に基づいて庁務が行われています。

 各県の神社庁は、県内の関係事務を行っていますが、一般の人の窓口としても相談に応じております。神社庁の下には、更に郡・市の支部があり、管内各神社の事務処理に当っています。

 神社は、全国至るところにあり、その数は約八万社といわれます。この神社のうちでも、特に神職の身分や任用などの取扱いの異なる神社が、現在350余社あげられ、神社本庁ではこれを「別表に掲げる神社」と呼んでいます。戦前の官国幣社のほとんどがここにあげられています。

 神社の中でも、特に伊勢の神宮だけは、天皇陛下のご祖先の神さまをお祭りされる特別のご由緒をもたれる神社でありますので、神社本庁は「本宗(ほんそう)」として奉戴しております。したがって神宮の大麻(天照皇大神宮のおふだ)の頒布は、すべて神社本庁が一括してお引受け申し上げ、所属の神社を通じて全国にお配りしているのです。
<以上


b0009849_1948887.jpg
日本の神社は明治になるまでお寺とごちゃごちゃになっていましたから、何だか曖昧模糊としています。
神前結婚式なんてエラソーに行っているものだって大正天皇の結婚式を参考にして作られた新しいものです。
お葬式は飾りつけがあっさりしていますから、仏教よりずっと費用がかからないという話です。戒名代も不要ですしね。「※※(自分の名前)の命」になるだけだから・・
実家が神道で嫁ぎ先が仏教という方の話ですと、同じ費用を出しても仏教の方が実質がすごく質素になった、つまりお寺さんへの支払いが多いということのようです。

でも、ごく一般的な人の場合結婚式は神道でどうしてお葬式は仏教なのでしょうね?
日本人の宗教に対する曖昧模糊なかかわり方が現れているのでしょうか?
キリスト教が日本で広まらないのは、曖昧模糊を認めないせいなのかもしれません。
きっちり、はっきりが苦手な国民・・・
# by genova1991 | 2004-10-05 11:31 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

10月3日(日)【東名スイスイ】

<一路横浜へ>

リトルワールドで遊んだ後はもう帰るだけです。
お疲れなので、バスですやすや午後のひとねむり。
気がついたら浜名湖が見えました。
3月にも行きましたから1年に2回も浜名湖を訪れたことになります。
浜名湖は塩水湖なのでそばによると海のように塩の匂いがプ~ンとします。
うなぎは一時のように養殖はしていないようです。
カキの養殖もしています。
浜名湖名物といえば「夜のお菓子・うなぎパイ」
今回目にしたのは「真夜中のお菓子・ブランデーうなぎパイ」
真夜中ねぇ~・・・真夜中にパイを食べるのでしょうか?

天気が悪く月初のためもあり、東名はスイスイ渋滞なしです。
3月の帰りも御殿場あたりから大変な渋滞でしたから、ユメのよう~
焼津でお決まりの※※水産に立ち寄り海産物のおみやげを仕入れます。
うちは横浜からまだ電車に乗って帰らなければいけないため、生ものは敬遠しましたが、皆さん結構沢山のお買い物をされたようです。
私は「まぐろチーズ」と角煮と「桜海老ラーメン(?)」を買ってみました。
b0009849_14515135.jpg
まぐろチーズは角煮のまぐろとプロセスチーズがドッキングしたものです。
味は濃い目ですが、あとを引いてしまい、1つ2つと食べていたらおなかが一杯になりました。
それもそのはず、カロリーが高いのです。
油断をしてパクパク食べた日には太ってしまう~
桜海老ラーメンは麺に桜海老が練りこんであるそうですが、よくわかりませんでした。
でも、おいしかったです。
b0009849_1455265.jpg
b0009849_14554779.jpg









花博のキャラ「のたね」とその仲間の絵がかいてあるクッキーです。
娘が自分のおみやげに買いました。
右のブルーのハート状のものはトルコの魔よけとして、リトルワールドで買いました。
玄関の魔除けって、悪質訪問販売から守ってくれるのでしょうか???

b0009849_14574412.jpg
オーラス。
娘が買ったシンプソンズのノート。
このセリフは私のためにあるようで、他人事とは思えません。
あ~頭をかかえる私~~~
# by genova1991 | 2004-10-04 14:58 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

10月3日(日)【犬山】

<Rhein 下り?>

日曜の朝。
b0009849_12391573.jpg

年のせいかバイキングの朝食も和食を選ぶようになりました・・・

曇っていますが幸いまだ雨は降っていません。少々肌寒いカナ?
この日は名古屋近郊の犬山に行って木曽川下り(日本ラインと呼びます・・・)を楽しみ、その後は明治村の近所の「リトルワールド」を尋ねます。
8時30分出発。
温泉大浴場付きというホテルなので、娘は朝温泉にはいりたがったのですが、私はまだ疲れが残っていてお風呂に行く元気がありません。
温泉といっても26℃だそうですので、ほとんど鉱泉ですよね。
日本はどこでも地下深く掘れば温泉が出てくるといわれていますし、東京のど真ん中にだって大江戸温泉があるのですから、名古屋のど真ん中のビジネス街に温泉があっても何の不思議もありません。しかしねぇ~・・・・・
お客さんは私達のようにお安めの団体と、中国からの観光客。
今中国は海外旅行ブームなのだそうで、上手にお客さんを取り込んでほしいものです。

日曜なので、道路はガラスキ。
予定より随分早く船着場に着いてしまいました。
b0009849_12371558.jpg
船はキライ!という方は乗らないで到着地に先に移動して待つことになります。
私たちもあまり気が進まなかったのですが、(だっていつぞや高校生の修学旅行で船がひっくり返ったんですよ。仰向けの船の映像をよく覚えています。)慎重居士の夫はうちの小娘のために救命胴衣を借りてくくりつけました。カナヅチむすめ~~
大人は座布団が即席の救命胴衣になっています。ハッ・・・・・・・

雨模様のため青いビニールシートの簡易屋根付きのさえない船がやってきました。
ライン下りと言っても、船が・・・・トホホです。
保津川下りと同じね。木曽川保津川下りだわ~・・・・・
しかし、ライン下りとの最大の違いは、小船が川の流れに木っ端のように左右へゆらゆら揺れることです。「キャー~~~」結構スリル満点。控えめなジェットコースターのようでしたわ。
b0009849_12383621.jpg
右側に見えるのは「亀岩」などと説明がありますが、ビニール屋根のおかげで視界が悪くてよく見えません。写真を撮っても結びつけるためのヒモがぶらぶらしていて、ぱっとしないことおびただし・・・
やれやれ、まあ、沈まなかったからよかったのでしょうか・・・
河岸の景色は天気さえよければ素晴らしいようでした。
とにかく、よく見えませんでした・・・

<リトルワールドへ>

リトルワールドというとついTDLのスモールワールドを思い出して、子どものパークのような錯覚におちいりますが、単純に「小世界」でありますから、子どもとは何の関係もありません。明治村が日本に残っている明治時代の建物を移築したものなら、こちらは世界中の建物を持ってきたという結構大変そうなものです。
できてからかなりの時間がたつせいか、木が大きくなって緑の気持ちの良い「小世界」ではありました。新緑の季節でしたら、どんなにかきれいなことでしょう。緑緑緑に取り囲まれて目が休まるように思いました。とてもいい所です。つぶさないでほしいです。

しかしお天気がいまいちで、ちょっと、気分がのりませんでした。
で、着くなりひと休み。早お昼。
b0009849_145333.jpg
b0009849_1454032.jpg








左は夫が食べた「ムサカセット」オリンピックがありましたから、ギリシア(風)料理で。
サラダにはオリーブがたっぷりはいっていました。
右は私のミーゴレン。コリアンダーがたっぷりかかった焼きそばです。
おキライな方にはたまらないかも。。。。

お土産やさんをぶらぶらしてから、ちょっと外にも出てみようと思い出てみました。
b0009849_14105293.jpgb0009849_14113068.jpg









左は沖縄のおうちです。大きなシーサーがお守りをしています。
右はアイヌのおうちです。
b0009849_14131996.jpg
b0009849_14134725.jpg








左は台湾のおうちです。
右はインディアンのテントです。
b0009849_1415468.jpg
b0009849_14161251.jpg








ドイツバイエルン地方の教会とおうちです。
先月からオクトーバーフェストをやっています。
b0009849_14181129.jpg

色々な国のおうちがありますが、そのうちのいくつかでは民族衣装を貸してくれます。
アルザスの衣装が可愛いので借りてみることにしました。
上の柱が外に見えるのもフランスドイツ国境にあるアルザス地方の家です。

1回300円か500円(衣装の種類によります)で借りることができます。
天気が良ければ外でも写真がとれますが、この日はあいにくの天気なので家の中でパチリ。
私も「貴族の婦人」の衣装というのを借りてみましたが・・・・・・・・なので、割愛。
~~~だって、水色は似合わないんだも~~~ん。

アルザスの白いブラウス赤いスカート黒いエプロン頭には黒い帽子という姿の我が家の小娘を見た夫は「か、かわいい~~~~」と感動し、思わず涙がホロリ・・・

えっ!!

「親ばか、ちゃんり~~ん!!!」

あきれてしまった、私でした。
「僕がお金をだすから、イタリアの衣装も借りようよぉ~」
とのおおせなので、(ケチんぼの夫が¥300も出すなんて!)大急ぎでお隣のイタリアのおうちへ行きました。ここのおねーさんはたいそう、ブアイソ。
その上借りた「カーニバル衣装」も着てみるとさほど可愛くありません。
¥500も支出したのにぃ~~~(カーニバル衣装は高いのです)がつかりこん。

集合時刻が迫ってきましたので、残り半分はカットしてあわてて場内バスに乗って入り口へ戻りました。こんなことならもっと早く外へ出ればもう少し見学できたのにと後悔。
雨さえ降っていなければなぁ~と空をにらんで逆恨み。
たいして期待をしていなかったため、楽しかったのかもしれません。
でも、ガラガラなんです。
つぶれてしまうのかしら・・・
みなさん、行ってあげましょうネ。
# by genova1991 | 2004-10-04 12:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

10月2日(土)【名古屋の夜】

<みそかつの夕べ>

東名を下りてから市内にはいったら大渋滞で、なかなか市内ど真ん中のホテルにたどり着けません。名古屋の街というと、「道路が広い」という印象を受けます。それでも、大渋滞。おみゃーら車に乗るのやめろよナ!気分・・・・・

このバスツアーは掘り出し物上手なわたくしが見つけたので激安!品です。入場料などを引き算するとバス代+ホテル代=1万円という感じです。パックツアーの中味の計算ってまか不思議。どうやって採算をとるのでしょうか???まあ、色々ありますけれどね。

オプションの夕食は頼まなかったので名古屋の街に出てみました。
ど真ん中もいい所、どちらかというとビジネス街のようです。
ホテルの人に聞いて広小路という大きな通りにある「カツ屋」さんを探しました。
b0009849_11521291.jpg

もちろん味噌カツもありますが、お肉料理屋さんという感じ。
名古屋といえども、全国チェーンのお店はずら~っと並んでいます。
ホテルの人に聞かなかったらわからなくて、そういうお店にはいったかもしれません。
こちらは「地元」感大盛りでしたから、雰囲気も大満足でした。
b0009849_11543693.jpg
私が選んだねぎがたっぷりとのった味噌カツです。
味噌ソースが甘くておいしかったぁ~
キャベツも大量に添えてあり、細切りシャクシャクで、これもおいしかったで~す。
デザートに抹茶アイスでお口直し。
あ~名古屋っぽいお店に行けてよかったぁ~

で、10月2日(土)の夜。
名古屋の話題はもちろん「イチロー」ですね。
新記録達成!!
号外も勿論出ていました。
ドラゴンズも優勝しましたから、野球野球の名古屋ではありました。
b0009849_11574193.jpg












b0009849_11581659.jpg
うちの娘まだこの時点では半袖でした。
結構暑かったのです。
ところが、次の日曜日。突然晩秋になりました。
は、は、ハックショ~~ン・・・・・
# by genova1991 | 2004-10-04 12:01 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(タカノのひなまつり)


by 白玉団子
プロフィールを見る