1月10日(月)【成人の日・晴れ・オランダの思い出】

b0009849_8534947.jpg

食器棚をごそごそ捜しましたら、大昔まだ若い頃にミドリさんと一緒に行ったオランダのおみやげが出てきました。もう1つケーキサーバーがあったのですが、行方不明です。柄が折れたので捨てたかな?オランダの前に訪ねたヴェニスで買ったガラスのいるかの包装が巨大になって以降大きなものは何も買えなくなってしまいました。オランダで買えたのはスーツケースの隅に押し込めそうなものだけです。まだ先が長かったので残念でした。ミドリさんは何を買ったのかしら。

オランダとは縁がなかったのか訪ねたのはその時1回限りです。
3月のはじめでまだ寒かったのですが、幸いお天気は良くてアムステルダムをうろうろ、デン・ハーグとデルフトも訪ねました。
できたばかりでまだ真新しいゴッホ美術館も見学しました。(また、ばあさんだって、怒られそうです)レンブラントの「夜警」は悪者に襲われて修復中で見ることができませんでした。

チューリップの咲く頃にまた行きたいなぁ~と思いつつ果たせません。
もう無理かしら。
# by genova1991 | 2005-01-10 09:24 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

【ブラジルからのメール】

さきほどメールボックスを開けましたら、ミドリさんからのローマ字メールが届いていました。こちらからの日本語メールやインターネットの日本語は読めるらしいのですが書き込みはダメとかで、ローマ字を読むのは辛いです。日本語ソフトを入れて欲しい・・「デジカメ散歩」のhumsumさまに伝言をしてちょうだいな、とのことです。「三信ビルのブログ&HPを見て泣いている者がいると」って・・・何か悲しい思い出でもあるのかしらん、と思ったらおいしい楽しい思い出だそうです。よかった。大昔まだ丸ビルがあった頃、彼女は確か新丸ビルの中の会社で勤めていたことがあるような(違ったかな?新丸ビルの中のお寿司屋さんでランチしたから・・)。新丸ビルも目下立替工事中ですよ~。三信ビルの中にあった「プランタン・・Printemps」という名のレストランでとても楽しいお食事をした思い出があるそうです。「まだあるのかしら???」フ~~ム、私にはちょっとわかりかねます。又シャンテシネに行く機会があれば確かめてきますね。

地球の裏側で三信ビルの感慨に浸っているようです。どうも有難うございます。

でもって、「ちいさな楽しみdiary」のpecochan77さんの「向田邦子」の話の項で私が「モリシゲの重役読本」のことをコメントに書いたものですから「あんなこと書いて、私たちはまるっきりばあさんじゃないか!」と怒られました。実際に聞いていたのだからしょうがありませんが、ほんの子どもの頃ですのであしからず。内容までは覚えていませんが、まだ若いモリシゲさんの声と「脚本・向田邦子」というナレーションだけが耳に残っています。

greenkiwiさんの「今日を暮らす」でジョン・レノンが話題になっていたので、つい撃たれた日のことをコメントしてしまったのですが、またミドリさんに「ばあさんだと思われる」と言われそうなのでおびえて消してしまいました。
この頃は聞かなくなりましたが、以前はよくラジオを聞きながら台所仕事をしたものです。ダコタハウスの前で撃たれたというニュースもちょうどラジオを聞きながら夕食の支度をしていた時でした。12月8日の真珠湾の日です。心配なのでチェックしましたら間違ってないみたい。私の記憶も怪しくなってきたので、必ずチェックをしないとアブナイアブナイ。1979年かと思ったら1980年でした。もう4半世紀がたとうとしています。その4年後にNYで観光バスに乗ったらガイドの若いお姉さんが「こちらがジョンとヨーコが住んでいたダコータハウスです」と教えてくれました。バスの中から見ただけですが、あの時の「ダコータハウス」のダコータ(コにアクセントがあります)の発音だけが耳に残っています。

又ラジオを始めたか始めるそうですが、その頃は久米宏のラジオ番組が人気でした。まだ今のように「あ!オオタケマコトにそっくり!」状態になるずっと前です。髪の毛は黒かったし、黒柳徹子も「ちょっとイタイタしい感じがするよね」(夫談)(←入れ歯があっていないのだと思うのですが)まだほんのおばさんでした。流行の歌もTVで放送していましたし、あの頃はよかったなぁ~・・・・・

問題発言
# by genova1991 | 2005-01-09 23:34 | 日常生活 | Trackback | Comments(10)

【珈琲豆チョコレート】

b0009849_2042285.jpg

<おみやげ>
伊勢佐木町の出口(入り口)に輸入食品屋さんがあったので、何か変わったお菓子はないかと覗きました。フェレーロのロッシュが山盛り。これ、どこにでもありますが、やはり人気者。ゆっくり見たかったのに娘が早く帰りたがって残念でした。せっかくなので、ふと目にとまった珈琲豆チョコビターというのを素早く購入しました。
b0009849_20485188.jpg
帰ってきて袋を明けて口に入れるとポリ・・・
アレ?
良く見ましたら中身がコーヒー豆です。
「え~!珈琲豆って食べられるの??」
食べちゃいました。
ポリポリして美味しいです。
ビターなので甘みも控えめちょうどヨシ。
全部食べてしまいそうです・・・・どうしよう・・・
「高ポリフェノール食品」だそうです。
健康にいいのですって、じゃあ、まあいいか・・・
<袋の裏>
製造元は書いてありませんが、販売者は「六甲バター」となっています。
「ふ~~ん、バター屋さんなのね・・」
関係がいまいちわからず。
その上に、
Quality is
Best & Beautifulとありました。「あれ?あれ??なんだ、QBBだわ。六甲バターってQBBなんだ。」とわかりました。
# by genova1991 | 2005-01-09 20:49 | おいしい物 | Trackback | Comments(7)

1月9日(日・晴れのち曇り)【横濱カレーミュージアム】

b0009849_15201767.jpg
昨夜「明日は横浜へ行こうよ~」と娘が言うのですが「え~横浜?横浜へ行って何をするの?」「カレーが食べたいのよ~」カレーねぇ~・・インドに生まれても困らないと思うほどカレーの好きな娘です。子どもはみんなそうでしょうか・・その時「そうだ!カレーミュージアムがあった!!」と思い出しました。
横濱カレーミュージアムHPはこちら電車の中から看板が見えていたので伊勢佐木町の入り口のすぐ近くらしいというのは見当がつきます。
b0009849_1525392.jpg

横浜駅で下りの根岸線を待っていたら目の前の京浜急行のホームに派手な羽田空港の広告のついた車両が止まりました。もっとも行き先は空港行きではありません。横浜からも蒲田の乗り換えナシで行ける本数が増えて便利になりました。「しばらく羽田にも行ってないわねぇ~・・・」国内旅行も行きたい所が思い浮かばず2003年に尾道からの帰りに広島からヒコーキに乗ったのが最後です。縁がなくなっちゃった。
b0009849_1532505.jpg

横浜から2つ目の関内駅で下りました。ここで下りるのは体育館にボリショイサーカスを見に行って以来です。3年ぶりかしら?伊勢佐木町に来るのは何十年ぶりなのか見当も付きません。お目当てのカレーミュージアムは入ったすぐ角の大きなパチンコ屋さんの7・8Fにあります。


b0009849_15344351.jpg




11時オープンなのでなるべく早く着きたかったのですが、ぐずぐずしていたので40分位になってしまいました。混んでいないといいけれど~・・並ぶのかしら?エレベーターの前で案内の人の説明があり直通エレベーターで8Fに上がります。
8Fは1軒ずつのお店になっていて落ち着いてゆっくり食べられます。
7Fは屋台形式で好きなカレーをお目当てのお店から買ってきて食べます。7Fのお店は時々入れ替わるようです。システムはラーメン博物館と同じようなものなのでしょう。ただしこちらは入場無料です。
b0009849_15411151.jpg

8Fから見た様子です。フラッシュ付きとナシで色が全然違います。
本当の雰囲気はナシの方です。
行ってみましたらすでにかなり混んでいました。とりあえず食べてみたかった北海道のスープカレーのお店「木多郎」に並びました。5分ほど待ったでしょうか。
b0009849_15431598.jpgb0009849_15432977.jpg









お店形式の方はお試しカレーといって小さいサイズのものがあります。
チキンカレーのお試し¥600を注文しました。
スープの中にご飯を入れていただきます。結構スパイスがきいていて、中辛だそうですが子どもには辛めかもしれません。でもおいしくて量も少ないし2人共完食。
「次はどこに行くのぉ~?」と早やお次は?モード。
どこにしようかな?大阪の自由軒にしようかな?パク森にしようかな?屋台は混んでいるそうなのでやめておこう、と思いながら見回したら、パク森カレーがすいていたのでそちらに並びました。合い席がすぐに空いたのでラッキー。
b0009849_1550204.jpgb0009849_15503730.jpg









2皿目なのでやはりお試しカレーにしました。
こちらはレトルトも売っているので全然知らないというわけではありません。
ご飯の上に挽き肉をギュッと押してのせてあるのが特徴のようです。
カレーソースが複雑な味でとても美味しかったです。さすがに娘は最後の方になると「もう食べられない~」と降参気味でした。
いくらお試しでもせいぜい2皿が限度のようです。朝ごはんを食べなければ3皿いけたかもしれません。
お腹は一杯、場内満員大混雑です。お土産屋さんもあり、全国のレトルトカレーなど色々売っていますが満腹なのでちょっと見る気になりません。先におみやげを買っておいた方が良いのかも・・しかしご当地カレーが沢山あるのには驚かされました。
b0009849_16101215.jpg

いちおうミュージアムなので、カレーの歴史や見本、スパイスの説明なども並んでいます。もっともお客さんは一に食欲二に食欲という感じです。屋台コーナーの方はごったがえしていて覗いてみる余地もありません。

ご近所
# by genova1991 | 2005-01-09 15:29 | おいしい物 | Trackback | Comments(8)

1月8日(土)【キネマ旬報ベスト10】

b0009849_12234352.jpg
「血と骨」が第2位でした。ペストワンは誰も知らない。
崔監督ではやはり「血と骨」で「クィール」ではないのですね。「血と骨」は私には予告だけで充分に迫力満点怖すぎで見に行けません。きっとこの先も見ないでしょう・・・「クィール」はヴィデオでやっと暮に見ました。崔監督らしからぬ坦々と進む映画でとあり、全くその通りに感情控えめ、でも胸にジーンとくるいい作品だと思いましたがランク外でした。犬物はダメ?
b0009849_12242689.jpg
そして3位が「下妻物語」でした。1位はカンヌだから勝てませんが、やはりハードな物の方が強いのでしょうか??でも3位に入ったからまあいいです。土屋アンナちゃんは新人女優賞を取りました。よかったね。


4位が「父と暮らせば」りえちゃんの映画のようです。
5位が「隠し剣・鬼の爪」-私も見ました!
6位が「理由」→これ、評判いまいちで見るのをやめたのですが、大林監督だから?
7位が「スウィングガールズ」-TV番組の方をチラと見ただけでした。
8位が「ニワトリはハダシだ」-???
9位は「チルソクの夏」-???too
10位は「透光の樹」-????too

後の方は全然知りません。
沢山映画を作っているのですね。認識不足でした。

「目力」の柳楽クンも新人男優賞でした。カンヌですからね。
去年の秋に「誰も知らない」を見てから突然映画を映画館で見るようになりました。映画館でみると予告編も見るので、予告編を見るとそれも見たくなるからです。
1回行くとやめられなくなっちゃった、私。

【個人賞】
監督賞:崔洋一「血と骨」「クイール」  脚本賞:崔洋一・鄭義信 「血と骨」
主演女優賞:宮沢りえ「父と暮せば」  同男優賞:ビートたけし「血と骨」
助演女優賞:YOU「誰も知らない」   同男優賞:オダギリジョー「血と骨」
新人女優賞:土屋アンナ「下妻物語」「茶の味」  同男優賞:柳楽優弥「誰も知らない」
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド「ミスティック・リバー」

【外国映画ベスト10】
1)ミスティック・リバー
2)殺人の追憶
3)父、帰る
4)オアシス
5)ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
6)オールド・ボーイ
7)モーターサイクル・ダイアリーズ
8)シービスケット
9)春夏秋冬そして春
10)ビッグ・フィッシュ
# by genova1991 | 2005-01-08 10:52 | TV・DVD・ビデオなど | Trackback | Comments(10)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(えごの木)


by 白玉団子