9月28日(火)【今日も曇天】

<朝のお散歩>
朝起きたら暗いので又雨降りかと思いました。しばらくして外を見たら白い雲の間に水色の空が見えました。暗かったのは朝早かったせいかもしれません。お彼岸を過ぎて夜明けも遅くなってきましたからね・・
今日は写真が撮れるかなぁ~と少し浮き立つ心。
b0009849_9402067.jpg
撮ってきた写真を4枚貼り合わせてアップしようとしたら、ビットマップイメージはダメなんだそうで、出来ませんでした。(涙)ほかのブログで4枚貼りあわせたのをアップしている人は一体どうやっているのか、教えて欲しいです。
しょうがないので朝の散歩の収穫を1枚ずつ・・・・・(ブツブツ)

b0009849_943297.jpg

私の好きなスパニッシュハウスです。
外にからまっているお花がとてもきれい~
ヘヴンリーブルー(西洋朝顔)は秋になるといっそう力がみなぎってバンバン咲きます。
葉はサツマイモを思い出すハート型です。
b0009849_9462648.jpg
昼間も咲いていますし、花つきが良いせいか最近あちらこちらで見かけるようになりました。
朝顔はサツマイモの仲間なので、サツマイモに接木をして朝顔を咲かせるのは江戸時代からやっていたお楽しみだそうです。私は西洋朝顔はこのブルーのよりもスカーレットオハラという名の真紅の方がお気に入りです。あまり見かけません。というより葉の形が日本朝顔と同じなので気がつかないのかもしれません。
b0009849_9495176.jpg
これはそのお向かいのおうちの白い萩です。
今を盛りと咲き誇っていて、とてもきれい。
秋ですねぇ~
水戸の偕楽園は萩も有名だそうです。
春は梅、秋は萩。


b0009849_9532086.jpg

私のもう3~4年はたっているベゴニアセンパフローレンスです。
寒くなってもうだめか・・・と思うといつの間にか復活している、強い花です。





<午後のお出かけ>

b0009849_14594193.jpg
久しぶりのランチに行きました。
どこにしようか迷って(というより、おしゃべりが先になって行き先が決まりませ~ん)結局前に行こうと言っていた和食のバイキングに行きました。
和食なので沢山食べてもヘルシー~~~~
センスの悪い盛り付けを1枚。(写真に撮るのだったらもう少しお上品に盛り付ければよかった・・大失敗)

夏休みにカナダからメキシコまで大旅行をした人が都合が悪くていなかったので、お話が聞けずにがっかりでした。あまり時間が経つと本人が忘れてしまいそうです~
あっという間に2時間しゃべってお店を出ました。


<帰りのお花>

b0009849_2094789.jpg
ペロペロネ(小海老草)です。
色はピンクから黄色まであるようですが、ここのおうちのは大きな木に育っているので写しにくかったです。下手な写真。






b0009849_1564466.jpg

鶏頭です。
最近は葉鶏頭の方が一般的になりこの昔ながらの鶏頭はちょっと珍しくなりました。
きれいな真紅がすてきです。
下の紫色の実がついているのは、
紫式部です。
名前がいいですね。









b0009849_1584325.jpg
# by genova1991 | 2004-09-28 09:57 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

9月25日(土)【幸せな土曜日】

<コンサート>

今日の午後はひとりで高校の同窓会主催の恒例コンサートに行きました。
いつもは友達を誘って行くのですが、この半年ばかりおしゃべりをするのが億劫で初めてひとりでぶらりと出かけました。
去年は藤村志保さんの源氏物語「夕顔の巻」の朗読を同期の宮田さんの笙、少し先輩の神戸さんのヴィオラダガンバの伴奏で聞くという催し物でした。宮田さんへの大きな花束をかかえて結構大変だったので、今回は知らない演奏者で花束なしだから、気楽身軽で大変結構でした。

神戸さんの関係かと推測しますが、どなたかがチェンバロを寄贈して下さったので、最初はチェンバロの伴奏という変わった独唱でした。
ソプラノ独唱は中高の音楽の先生です。
私よりは若そうですが、パリパリの先生!という感じ。
背がすらっと高くて、色白で真っ赤なストラップドレスがよくお似合いのかっこいい先生です。
生徒に人気がありそう~
柔らかいうっとりとするようなソプラノで気持ちよくイタリア古歌曲を聴くことが出来ました。
本当にきれいな声。
生徒達だってせっかくの先生のソロを聞きたいだろうに、ちょうど期末試験の最中だそうでかわいそうでした。例年この時期ですが、ちょっと考えてあげればいいのにと思いました。

その次はもう相当上の先輩という感じのおばさまのピアノソロ。
ピアノが年季ものなので、弾くのも大変なのですが、そこは年季のはいったプロですから、弾きにくさを感じさせませんでした。モーツァルトが3曲。中に子どもの発表会でお馴染みの「キラキラ星の変奏曲」がありましたが、子どもが弾くのとはやはりもちろん全然違いましたね。当然ですね☆

最後がヴァイオリンでチゴイネルワイゼンをかっこ良く!
そしてチェロも加わってピアノトリオのドヴォルザークで締め。
終わる時にチェロとヴァイオリンの弓を同時にパッと上にあげて終わるのがもう、かっこよかった~~でした。

ひとりで行くと終わった後なんやらかんやらおしゃべりをしないから、印象がそのまま残ってとてもよかったです。コンサートはひとりで行く方が値打ちがあるかしらという感想でした。
先輩も後輩も今回は皆さん芸大出身の方ばかりで、どちらかというと芸大同窓会コンサートという趣。・・・・・・・芸大に進む人なんて今だってめったにいないのですが、かき集めたのでしょうか?同窓会も大変。チケット代は全部学校に寄付のチャリティーコンサートでした。女性の演奏ですとドレスもきれいなので、目にも楽しく幸せなひとときでした。

今日はいい土曜日でした。
帰りに元町に寄りましたら、ちょうどチャーミングセールの真っ最中で、大安売り♪
欲しい物も見当たらずぶら~っと通り抜けておしまい。
角のマックがいつのまにか宝石店に変わっていました。
元町も行くたびにお店が変わっているようで昔の面影が少なくなっていきます。
ちょっと寂しいかな・・
# by genova1991 | 2004-09-25 17:40 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

9月21日(火)【おひとりさま、お疲れ・・】

<誰も知らない>

誰も知らないって、例の映画の題ですけれど・・カンヌです。
やっとこさ見て参りました。
噂どおりの優弥君の目力に、なんというか、お疲れ~・・・・

ストーリーは無責任というかいい加減というか世間を甘く見ている母親に捨てられた4人の兄弟姉妹が肩寄せあって生きていくという暗い重いストーリーです。子どもだけで暮らしているのに周囲は誰も気づかない、気づいていても知らん振りというのも重く暗いテーマでした。映画自身は坦々と進みますからさほど暗い重いを感じることはありませんが、長い・・・
私はこの方が辛うございました。
1時間半位で映画館を出たくなってしまいました。
TVで90分映画を見慣れているせいですね。
お年のせいもあって、堪え性がうすまり困ったものです。
時計ばかり見てしまい、「まだ10分しかたっていないわ」と思うのが申し訳ないような情けないようなわたくしでありました。
後半いよよ重くなっていきますから、そのせいもあると思います。

お金が底をつき、電気もガスも水道もとめられ、子ども達がうすぎたなくなっていきます。
本当に可哀そうなのですが、うすぎたなさで状況を現しているのだなと感じる私もイヤな奴ではあります。髪の毛ぼうぼうのびていくし・・・~

柳楽君の目というのは映画の中で別に強調されているわけでも何でもありませんでした。
ただ、後に残るのですね。
あの「目」
皆さんの言う意味が映画館を後にしてから理解できました。
脳裏に「目」が貼りつきます。
私の頭にはまだ「むかで・やすで」が残っていて、柳楽君の「目」とどちらが強いか競っております。
「目」やすでに勝ってくれぇ~~~おねがい~~~!!
# by genova1991 | 2004-09-21 16:31 | TV・DVD・ビデオなど | Trackback | Comments(0)

9月20日(月)敬老の日【残暑のおひとりさま】

<大東京縦断>

今日は暑くてじとっとしていてとても9月の後半とは思えない1日でした。娘が修学旅行に出かけて自由の身になったので、久しぶりでひとりでおでかけをしました。どこへ行こうかな~たまのおでかけ、何かいい催し物はないかなぁ~と思いついたのが2~3日前でしたのでなかなかこれというものがありません。映画でも見ようかしらと思ったのですが、映画なら近所で間に合うし明日の方が平日ですいているので、今日は何をしようか、散々迷ったあげくとりあえず渋谷に出ました。着いたらまだ10時です。はや~。東急本店の隣Bunkamuraのザ・ミュージアムに行きました。本店は11時openなので・・・心配でしたが美術館は10時からでした。よかった。5月に「オードリーヘプバーン展」を見たばかりでしたから、迷わずに行けました。もっとも渋谷は以前に5年ほど私のホームベースでしたから、多少お店が変わったところでぼんやり歩いても目的の所にはたどり着けます。ほとんど勘だけでうろついていますが、何とかなるのも怖ろしい。こういうのを昔とった杵柄というのでしょうか?ちょっと違うかな?

b0009849_2120869.gif
今は「グッゲンハイム美術館展」をやっています。
主なところをつまみ食いという趣の展覧会ですが、少しずつ色々というのも飽きなくていいかなぁ~あまり沢山ないのも印象に残っていいかなぁ~なんて良いように思いながら2回廻ってしまいました。忘れていた(?)名前を思い出して美術館から遠ざかっていたのをひしひしと感じました。でも、「ああ~この目はキスリングだわ・・」とひらめいたら、当たりでしたので記憶は怪しいのですが勘は残っているかなとも思いました。出口の所に美術館の写真が飾ってあって、うつっている自動車の型が古いから「一体いつの写真なのかしら~」と思って見ましたら、写真ではなく、絵でした。びっくりした~製作年を見たら私が結婚した年でしたから、あの頃の車ってこんな形だったのね・・と車のデザインで時代を感じました。びっくり記念に絵葉書を1枚購入しましたわ~11時になり本店が開いたので隣のデパートで一休み。

エネルギーを補給してから、今度はメトロ(春から営団はメトロになりました。)半蔵門線に乗って23分深川に行きました。
清澄白河という駅で降りて10分位歩いたでしょうか・・
方向音痴なのでわかるかなぁ~と不安でしたが、マジェンタ色の旗がいろっぽくひらめいていて教えてくれるので迷わずに東京都現代美術館に到着しました。ココをクリックして下さい。このいろっぽい旗は始まったばかりのピカソ展のお知らせの旗なのです。え~「躰[からだ]とエロス」というテーマです。絶頂期の名作160点一挙公開だそうで、お好きな方は是非どうぞ。でも、今日は2軒目で早朝からおべんと作りもして、少々疲れ気味でしたから、こゆいピカソはカットして「花と緑の物語展」だけを見てきました。こちらは今週でおしまいですからぎりぎりセーフ。というか、今日行けば両方見られてラッキー!だったのです。本当はね。
外からもちらほらピカソは見えましたが、やはりその気にならず~でした。
元気な時に見たいですね。
足が痛くなってきて、しばらく椅子に座って休んだ位なので・・
私って、気弱なだけでなく、足も弱い。
これでは老後は暗澹たるものが予想されます。どうしよう・・・

「花と緑」は日本にある「インショーハ」の絵をかき集めてきた展覧会です。
結構沢山あるものだと、そちらに感心してしまいました。
個人蔵のものなどにガラスのはいっていないものがあり、「あ~ガラスなしはいいなぁ~」としみじみ思いながら眺めました。でも、あれは油絵だから反射するのでしょうか?パステルの絵は全然反射しないので・・・・~~~~でした。それにBunkamuraではあまりガラスが気にならなかったので照明の加減もあるかもしれません。MOTの照明は気遣い不足かな・・(?)こちらでは富士美術館のカイユボットとサントリー天保山のルドンが気に入りました。
Bunkamuraに比べると入場料は安いし絵の数は多いのでこちらの方が得かな?(照明はいまいちですが)という感じ。駅から遠いのがたまに傷ですが・・
清澄庭園も覗きたかったのですが、足が痛くなったので今日はカット。

3時に新橋で待ち合わせをしたので、30分もみておけば大丈夫だろうとたかをくくったのが大間違い。三越前の銀座線との乗換えがすごく遠くて時間がかかりちょっと遅れてしまいました。汐留をうろうろして、ニッテレのあたりをちょっと覗いて、お茶して、おなかが空いたのでお寿司を食べて帰りました。7時半帰宅。疲れたぁ~~~~足がまだ痛い~~~~

明日は「誰も知らない」を見に行く予定なので今晩はこれでお休みなさいです。
眠い。。ツカレタ。。。又明日。。。。。
# by genova1991 | 2004-09-20 20:59 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(2)

9月8日(水)【よもやま話】

<夫ネタ、種切れ>

あともう1つありますが、ラーメン屋幸楽の主人のことなど・・(?)

昨夜のチャットで色々思い出したり確認できたので、地震の話題などetc.

せんだっての和歌山沖の地震が話題になりました。
南関東まで感じたので、びっくりです。海伝いに地震の道があるのでしょうね。
栃木県に住む友人も「めまいかと思ったけれど、時間があっているのでやはり地震だったのだ」と、書いていたからその辺りまで達したようです。
本当にめまいのようにゆらゆらゆ~らの地震でした。
あかりが揺れていなければ地震だと思わなかったかもしれません。
皆さん一様にそのような感想です。
和歌山沖めまい地震。
エキサイトのリンクに入れたブッシュブログさんも、麦茶テロにあい、PC1つパ~になったとありました。麦茶はブッシュの味方か?

<十勝沖地震>
住んでいた場所のせいで新潟地震の記憶はありませんが、1968年十勝沖地震はよく覚えています。私はこの地震を東北地震と取り違えていて、大混乱でした。昔過ぎますよねぇ~と言い訳。十勝の南は三陸の東だから、なんだかなぁ~東北の被害が大きかったのですから三陸沖地震でもいいのにと、私は納得がいかない~~~

年がばればれになりますが、中3の5月16日9時48分、授業中もいいとこ真っ最中の時間でした。大きく揺れて大騒ぎ。机の下にもぐったり~~~でも、その時の社会科の先生はたよりなくて、呆然としているのですよね。危機管理なっていない!(その後校長になったのですが、大丈夫だったのでしょうか・・・?)翌週から東北に修学旅行の予定でしたが、勿論延期。夏休みにはいってすぐに変更されました。気分がそがれましたが、しょうがない。でも、夏の東北も緑がきらきらときれいで、とてもよかったから、まぁいいか・・・
奥入瀬の緑の美しさは未だに目に甦ります。
それ以外は同じグループの友達とトランプ三昧でしたから、あまり記憶がありません。
あけても暮れてもトランプで、バスの中はもちろんお部屋でも、休憩に立ち寄った酸ケ湯温泉でも木陰でトランプを広げて遊んでいたら、通りがかりの美術の先生に「おや、ご開帳ですか?」と言われてしまいました。ご開帳だなんて~~人聞きの悪い・・
中学生の修学旅行なんて、こんなものなのかしら・・名所旧跡に連れて行ってもあまり意味がなかったりしてネ。

<フルーツのお話>
アメリカのフルーツのお話を聞いて(読んで?)いましたら、「ドーナツピーチ」とか「UFOピーチ」という名前の桃がある、ということでした。???聞いたことがありません。「美味しいの?どんな形?」「ほら、ドーナツ枕ってあるでしょう?あんな形?」ドーナツ枕・・・形の桃?????
b0009849_8594227.jpg
書いてもわからないので、お写真を借りてきました~
すぐに返しますから、ちょっと貸してね。
お味は日本の白桃と同じだそうで、甘くて美味しいそうです。
不思議な形ですよね。
初めて知りました。
Kekoさん、大喜び~~~

<後日談>
サンディエゴ在の昔の同級生に聞いたところ、「この桃は蟠桃(ばんとう)といって、古くから中国にある桃で日本にも昔からある」桃なのだそうです。何でも孫悟空が大好きで有名なのですって~~!!知らなかったわ~
私の住んでいる世間ってひどく狭いのね・・
しかし、どこに行けばこの扁平桃を見ることができるのでしょうか?
千疋屋?タカノ?え~・・・・・・・???(9/12記)

メロンはオレンジ系が多いそうです。
フランスのメロンもオレンジ系だったかしら・・?
生ハムメロンのメロン・・フランスのメロンは小さくてプリンスメロンのような感じ、で、中がオレンジ色でした。

アンデスメロンってありますよね?
てっきり南米のメロンかと思ったら、ナント「安心ですメロン」なんですって・・・・(ため息)
有名な話ですが、サカタとかタキイのネーミングって、ちょっとヒトをくったところがあるから、笑ってしまいます。
ほかにも変な名前の野菜(変わった名前は主に野菜です)が色々ありましたが、園芸関係は忘れてしまい残念です。新種を作る人たちって、面白がってネーミングをするのでしょうか?目立つように???
# by genova1991 | 2004-09-08 09:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(タカノフルーツパーラー「さくらももいちごのお花見プレート」))


by 白玉団子
プロフィールを見る