「ほっ」と。キャンペーン

タグ:お散歩 ( 191 ) タグの人気記事

【六本木のレストラン】

b0009849_2227468.jpg


うちから六本木に出るには、千代田線の乃木坂で降りて、てくてく歩くのが一番簡単です。
ホームの乗り換えはありますが、線路は1本だからです。

乃木坂駅を新美術館と反対側に下りて、地上に上がるとあるのが、桂由美さんのビルでして、もう何十年ここに建っているのやら、軽く40年はいきそうです。
変わらないもの。

ここを起点に六本木の交差点方向に進むと、以前は防衛庁があり、番人wが立っていたのよね。
あ、その前に心臓血管研究所があったけれど、あれ?どこかに引っ越した?
と、ぐぐると、西麻布に越したようです。知らなかった。建物はないからそうなのでしょうが、、

で、西麻布です。

以前渋谷から六本木に出る時は都バスを使っていました。その頃の新橋行きは、今のルートと違い、天野歯科で曲がり、骨董通りを高樹町へ出て、西麻布六本木溜池と進みました。ちょっと遠回りですよね。
バスに乗っていると、通るのが西麻布で、え~~と、バス停のそばに何かあったわよね。
思い出せない。洋菓子屋さんだったかしら?ずっと考えていますが、思い出せません,orz
「追記」確か和泉屋だったと思います。今はもうないそうですが、スイートポテトの美味しいお菓子やさんだったとぐぐってわかりました。入る機会もなくて残念でした。

ソーニャさんが西麻布の大人の雰囲気レストランのレポを書いてらしたので、
思い出すのが、西麻布のビストロ。

バブルの前に西麻布のビストロが流行った時期があり、有名なお店が2つあって、
そのうちのどちらかに行ったことがあるのですが、それも思い出せません。
ビストロ・ドゥ・ラ・シテだったのかな~?

もう1軒が思い出せないので、確認できないのです。

夫が飲んだくれて、うだうだ言い出して、私は腹を立てて(酔っ払いは嫌い)ぶんむくれ。
デザートに出たパッションフルーツの生をどうやって食べればいいのやら、種ばかりだし、と困惑したのが昨日のことのようですが、軽く35年はたっているのかしら?

More
by genova1991 | 2016-12-27 15:50 | ・レストラン | Trackback | Comments(2)

【山手西洋館「世界のクリスマス2016」を目指して】

b0009849_1503196.jpg


12月恒例の山手西洋館世界のクリスマスが12月1日から始まりました。
いつもの巡礼(笑)です。
今回は2回に分けて見学しました。
初日は、ベーリックホール→エリスマン邸→山手234番館→イギリス館→山手111番館
の5館をめぐり、2日目はブラフ18番館と外交官の家を見学しました。
山手68番館だけ離れているので、今回ブラジルのクリスマスはパスしました。

まずは石川町駅をおりて、ベーリックホールを目指します。

しかし、どうやって目指そう?
坂がいやだわ~~
いつもはイタリア山庭園に向かう坂か、みなとみらい線の駅からエレベーターを利用します。
ベーリックホールだからね。

う~~~む、、、

More
by genova1991 | 2016-12-07 15:20 | ・・横浜・元町 | Trackback | Comments(4)

【御殿山庭園の紅葉】

b0009849_16263529.jpg


予報から随分遅れましたが、ようやく雨が上がったので、お庭に出てみることにしました。

More
by genova1991 | 2016-12-05 16:44 | ・・東京 | Trackback | Comments(2)

【港の見える丘公園】秋のイングリッシュローズガーデン

b0009849_15240799.jpg


b0009849_15255432.jpg

b0009849_15250906.jpg


6月の「花と器のハーモニー」の折に、来たときはバラだけでなく、他の春の花も花盛りで、それは素敵なロマンチックガーデンでしたが、秋はいまいちですね。
それでも、探すと美しいイングリッシュローズに出会えるので、がっかりすることはありませんでした。でも、やはり行くのだったら春かなぁ~~

6月のガーデン



More
by genova1991 | 2016-11-02 15:49 | ・・横浜・山手・西洋館 | Trackback | Comments(2)

【横浜元町】Happy Halloween!



b0009849_16493701.jpg



b0009849_16480636.jpg


b0009849_16502227.jpg

元町のハロウィンは仮装大会だけでなく、本来のtrick or treat もあるので、
子供たちの学校が終る16時から、お菓子の配布があるようです。
昨日今日始まったわけでもなく、10年以上前からやっているから、
ハロウィンの老舗かな?(^◇^)


サイトです: 元町ハロウィン2016




More
by genova1991 | 2016-10-31 17:03 | ・・横浜・元町 | Trackback | Comments(0)

【ホテルニューオータニの庭園散策とザ・メインが開業した頃】

b0009849_933138.jpg


朝からひどい雨降りで憂鬱な火曜日です。
小ぶりになるまで引き籠ろう、そうしよう、、(´・ω・`)

先日の東京ステイ1泊の翌朝です。
食べ過ぎたのか、ちっともお腹がすかないので、朝ご飯は抜いて早お昼にしましょう、そうしましょう!
ということで、夫はごろごろ、私は朝風呂に浸かってまったりした後、庭園散策へと向かいました。

少しは動かないとお昼も食べられそうにないからですw

More
by genova1991 | 2016-09-13 09:28 | ホテル | Trackback | Comments(2)

【旧白洲邸 武相荘】庭園散策(鈴鹿峠)

b0009849_1718246.jpg


レストランが新たに出来た去年の1月に色々と様変わりしたらしく、レストランまでの敷地は無料で、その後が有料になったようです。
以前ビデオを見たショップ2階の休憩コーナーは武相荘倶楽部という有料会員用のクラブルームになっていました。

だからビデオが下のカフェに移ったのだなと、納得しました。

More
by genova1991 | 2016-05-26 17:55 | ・武相荘 | Trackback | Comments(2)

【旧白洲邸・武相荘】天を衝く孟宗竹

b0009849_15121338.jpg



b0009849_15122299.jpg



b0009849_15123381.jpg


随分久しぶりで鶴川にある白洲次郎さんと正子さんの旧宅を訪問してきました。
というのも、先だって京都の祇園で、可愛らしい豆寿司をいただいたのですが、
経営のHPを見たら、武相荘でレストランを始めたとなっているではありませんか!!

えええ~~~!

知らなかったよ~

というわけで、次郎さん好みのシンガポール風海老カレーをいただきに、せっせと鶴川詣で
(じゃなければ行かないし~~~orz)

トップ画像の孟宗竹ですが、竹林を眺めていたら、どさ!!っと、筍の皮が降ってきたわけですよ。
もうね、びっくりしちゃったわ(@_@)

どさ!!

大きな皮なのです。子どもの頃はこの皮で肉屋さんはお肉を包んでいました。
懐かしい筍の皮(笑)

で、見上げると天を突くようなのっぽの竹がにょきにょきにょき
空が見えないではありませんか。
今年出てきた竹なのでしょうか?凄い成長力ですね。
地面を見ると、去年の葉っぱが落ちたのか、竹の葉っぱだらけだった。。。

HPです: 旧白洲邸 武相荘


More
by genova1991 | 2016-05-25 16:20 | ・武相荘 | Trackback | Comments(10)

【建長寺から鶴岡八幡宮へ】

b0009849_18242460.jpg


建長寺をあとにして、鶴岡八幡宮へと向かいます。
まずは右手に階段のあるお寺(行ったこともなく)が見え、

b0009849_18213814.jpg


しばらく進むと巨福呂坂の隧道が見えてきました。

巨福呂(こぶくろ)と言う名前は建長寺の 巨福山(きょふくざん)から取っているのだろうな~~~と、推察しました。

More
by genova1991 | 2016-03-05 12:19 | ・・鎌倉 | Trackback | Comments(0)

宇和島市立歴史資料館【伊予にゃんよ旅】⑱

b0009849_1521252.jpg


和霊神社を後にして、1kmほど先の海近くにある「宇和島市立歴史資料館」を訪ねることにしました。15分くらいの距離なので、たいしたことはないと思っていたのですが、前日の疲れが残っていたのか、はたまた年のせいか、途中でくたびれてしまい、、。体力の限界を感じました。

写真の見た目がちょっと素敵だったので、行ってみたのですが、明治の警察だった建物だそうです。空襲で焼け野原になった宇和島ですが、この建物は焼け残ったようで、良かったです。

HPです: 宇和島市立歴史資料館

この建物は、初めは明治17年(1884)9月、宇和島広小路に「宇和島警察署」として建てられました。
 市内の70%が消失した戦災も免れた後、昭和28年(1953)2月、当時の南宇和郡西海町(現:愛南町)役場として、同町に移築され平成2年(1990)1月までその役目をはたしていました。庁舎が新築されるのを期に平成4年(1992)3月市民の協力などにより宇和島に里帰りをし、樺崎砲台跡そばに復元されました。
 建築様式は、擬洋風建築に分類され、明治初期の文明開化の時代に、わが国の建築工匠たちが社会の要望にこたえるべく、西欧の技術を懸命に習得した頃のものです。
 復元に当たって調査の結果、小屋組みの合掌には隅合掌(すみがっしょう)や蕪束(かぶらづか)も見事にこなすなど、高度な水準の洋風技術の吸収が確認され、格調高い西洋風建築の外観とともに、建築史上でもきわめて注目に値するものであります。
 このような、擬洋風建築物については、西日本に少ないことからも、当時の宇和島の先駆性を物語る歴史的価値の高い建物であるといえるでしょう。
 そして、平成8年(1996)12月3日には国内第1期(愛媛県では第1号)の登録文化財(登録番号38-0001)になりました。
(HPより)

More
by genova1991 | 2016-02-11 15:38 | ・・伊予南予旅行2016 | Trackback | Comments(0)

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(タカノのひなまつり)


by 白玉団子