【旧牛込区散歩】②新宿区喜久井町から早稲田南町(漱石山房記念館)、神楽坂へ

b0009849_1853373.jpg


「新宿区漱石散歩」の続きです。


漱石生誕の地にたどり着き、次は終焉の地である「漱石山房記念館」を目指します。
その後は神楽坂に出て飯田橋駅から帰宅しました。
小笠原伯爵邸で随分時間を費やしたため、どんどん日が翳っていき少し焦りがちな散歩となりました。

夕方のせいかなんとなく赤い漱石像です。



漱石の思い出

夏目 鏡子 松岡 譲文芸春秋





b0009849_1875187.jpg


夏目坂を下った先に東西線の早稲田駅があります。

b0009849_1882338.jpg


このビルの1階にやよい軒があるのです。
その軒先に漱石生誕の地の碑が立っていました。

なんだかバブルの頃の名残のようなビルヂング

b0009849_1892889.jpg


坂の両側に沢山たっていた「夏目坂」の説明です。

b0009849_18113984.jpg


こんな名前のお店もありました(^^♪

b0009849_18115855.jpg


まだ喜久井町です

b0009849_18122150.jpg


町内会の掲示板が、あちこちにたっていました。

b0009849_18124749.jpg


まだオープン仕立てなので、宣伝中の漱石山房記念館

b0009849_1813136.jpg


やっと元に戻りました。
河田町から夏目坂通りを経て着いた角です。
生誕の地を見たので、ここから漱石山房に向かいます。

b0009849_18502921.jpg


住宅街の中の細い道です。
近くに小学校があるので、交通安全のおじさんが見張りをしていました。

b0009849_1816139.jpg


途中で見つけた、有島武郎の旧宅の場所の説明板です。
有島武郎というと、軽井沢心中ですが、その終焉の家でお茶した私です。。
ちょっと怖かったわ~~~

b0009849_1817667.jpg


交通安全委員さんに、この行き止まり?のマークの処を左に曲がると漱石記念館ですよと教えていただいたので、曲がります。

b0009849_18175276.jpg


にゃんこの道しるべもちゃんとありました。

てくてく

b0009849_18181449.jpg


はい、本日休館の記念館に到着しました。

b0009849_18183349.jpg


b0009849_1818422.jpg


b0009849_18185055.jpg


昔東京の小学校の児童だった夫に
「東京の小学生はみな制帽があるの?」と尋ねると
「僕が通ったのは随分昔だからね。今の小学生はわからないよ」

と、帽子の記憶はなさそうでした。
ヒマなので母校の同窓会の雑用係もしていますが、学校自体に興味はないようです。

b0009849_18203333.jpg


随分立派な記念館ですね。

b0009849_18204981.jpg


ざくろの実が生っていますが、漱石山房のレプリカのようなものが窓越しに見えました

b0009849_18213138.jpg


公園自体は以前からあったものです。

b0009849_18215027.jpg


その公園の中に記念館が最近オープンしたというわけ。
新宿区が誇る文化的有名人ですものね~~
性格的には難があっても、作品は有名です。

b0009849_18224398.jpg


下手な写真ですみません

よく見る写真とは違う感じなので、違和感が、、

b0009849_18232236.jpg


b0009849_1823302.jpg


b0009849_18233814.jpg


これこれ、
この写真はお馴染みです。
以前の1000円札でしたっけ?今は野口英世だった?
と、頼りない私です。ご両人とも性格に難があるわね、、、

b0009849_18264742.jpg


公園自体には入れるので、中をうろつきました。

b0009849_18271494.jpg


b0009849_18272331.jpg


こういう感じで書斎が再現されているのだろうな~
と、想像しています。
そのうちに開館日に見学にきましょう。

b0009849_18275566.jpg


立派な記念館の横側

b0009849_18281453.jpg


漱石というと出世作?が猫です。

その猫塚

b0009849_18284062.jpg


漱石の旧居は戦災で消滅しましたが、猫塚だけは残ったそうです。
これだけが漱石旧居の生き残り

b0009849_18292719.jpg


b0009849_18293832.jpg


b0009849_18301710.jpg


小さなおうちは「道草庵」です。中でビデオ(DVD)を見ることができます
ビデオにはお孫さんの夏目房之介さんも登場しました。
若い頃の週刊朝日の連載漫画しか知らないので、老けてしまった(当然)房之介さんにちょっとびっくり。

b0009849_18305326.jpg


b0009849_1831223.jpg


b0009849_18311027.jpg



b0009849_18312021.jpg


b0009849_18312840.jpg



ここは記念館が出来る前からの建物のようです。

b0009849_18315395.jpg


さて、見るものは見たので、神楽坂に出て帰ります。

b0009849_1832251.jpg


牛込保健センターです。
歩くのが億劫だったら新宿駅西口から出ているバスに乗り、ここで下りれば記念館はすぐです。
何番だったかしら?白の61番でした。
今は練馬駅行きになっていますが、以前は違ったような。
夫の実家に行くのにいつも使っていたバス路線ですが、、
練馬車庫行きだったかしらん??

b0009849_18365210.jpg


右手の方に見える塔は

b0009849_18371279.jpg


防衛省の塔です。
戦前は市ヶ谷の陸軍士官学校があった所です。
市ヶ谷には救世軍の本部もあるので、市ヶ谷には士官学校が2つあると云われたものでした。
三島由紀夫事件のあった場所です。

そうそう!
内田百閒のエッセイの中に、漱石のお通夜の翌日に士官学校の授業(当時教官でした)があるので、ぼーっとする頭をかかえて、漱石宅から士官学校に向かったというのがありました。
今はこんなですが、この道を歩いて士官学校に行ったのでしょうね。
お通夜で寝ていないからぼ~っとしていたために学生にからかわれたとか、なんとかそんな内容をうっすらと覚えています。

b0009849_18383413.jpg


通りは外苑東通りで、弁天町になりました。

記念館は早稲田南町です。

b0009849_18393071.jpg


ここから神楽坂方面へと向かいます。
神楽坂の通りは早稲田通りです。

b0009849_184037.jpg


漱石とは無関係のようですが、三四郎を見つけてパシャ

b0009849_18402875.jpg


b0009849_1840375.jpg


榎町になりました

b0009849_18411282.jpg


ここで突然夫が
「そうだ!公衆便所があるんだよ」
と発言(笑)

b0009849_18414092.jpg


発言通りにありました(笑)

b0009849_18415544.jpg


角地なのですが、進行方向とは別の左手方向を指差し、

「そうだそうだ、こっちに行くと江戸川橋に行くんだよ」

と、珍しく記憶がよみがえりました(^^♪

江戸川橋にいっちゃうと文京区になるのかしらん?

b0009849_18425591.jpg


まだ猫の道しるべがありました。

b0009849_1843261.jpg


神楽坂方面をにらみます

b0009849_18435961.jpg


矢来町に入りました。
矢来町といえば、新潮社 (^◇^)

b0009849_18445042.jpg


東西線の神楽坂駅もありました。

b0009849_18453259.jpg


この辺りも牛込だらけですね。

b0009849_18461112.jpg


ようやく神楽坂の
La Kagu
ラ・カグー
に到着。
一度入ってみたかったのよ。隣が新潮社のようです。

トラックバックURL : https://rose2004.exblog.jp/tb/27327624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by golmeg at 2017-10-13 21:12
なにかに長けている人はどこか変なのかしら?なんて思いながら面白い夏目漱石散歩楽しみました。
Commented by genova1991 at 2017-10-14 10:50
☆megらいおんさま
まあ、天才とナントカは紙一重といいますから
えてしてこういうことはあるようで、家族の方々はご苦労でしょうね。
一般人民はそのおかげで思いがけない発明などに預かれて
助かっています、、、
写真の数ばかりの粗末な内容で、すみませ~~~ん (^◇^)
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2017-10-13 18:47 | ・・東京 | Trackback | Comments(2)

白玉団子の旅レポと食べレポの野菜ブログ  イソギクの花


by 白玉団子