【佐藤愛子の年賀状に抱腹絶倒】


b0009849_15242208.jpg


孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫)

佐藤 愛子/文藝春秋

undefined


画像が切れてしまいましたが、「孫と私のケッタイな年賀状」が題名です。

本屋で見つけて手に取り、パラパラとめくっただけで笑ってしまいました。


さすが佐藤愛子大先生です。年賀状も凡人とは発想が違います。表紙のトトロは可愛くて何が可笑しいのかと疑問を持ちますが、表紙以外は皆可笑しい!


いや、正確には最初の赤ちゃんパンダも可愛いけれど、その可愛い1枚目も横に写っている鈴(りん)の理由を知るとやはり笑ってしまひました。


お孫さんの桃子ちゃんと一緒に写した年賀状用の写真の物語です。物語というのは変で、年賀状画像の変遷かしら?大先生はさほど変わらずとも桃子ちゃんは育っていきますからね。赤ちゃんから幼児、小学生、乙女へと成長する姿を見るのも楽しかった。


そういえば随分昔、北杜夫のお孫さんと桃子ちゃんの写真見合い(違)の話を読んだよね〜と月日の流れの早さにしみじみしました。その北杜夫大先生には愛子大先生の年賀状をけなされたため以後出すのを止めたら、喜美子夫人に残念がられたため夫人宛てに出すことにした云々があり、面白かったです。


一味もふた味も違う(というか想像の斜め上)年賀状の写真を見るだけでも楽しい文庫本でした。


愛子大先生の最近の作品はさすがに口述筆記のようですがお元気そうで何よりです。久し振りに愛子節を読んで心が明るくなりました。


でも最後の年賀状がご臨終写真なんですよ〜


こればかりは凡人には無理だよね。愛子大先生ならでは!!

トラックバックURL : https://rose2004.exblog.jp/tb/29183817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keiko-cako at 2019-01-15 09:17
面白そうですね!
本屋で探してみます~♪ (^^)
Commented by genova1991 at 2019-01-15 16:09
> keiko-cakoさま
写真を眺めるだけでも楽しいですよ。
楽しいというのか、面白いというのか
発想が常人と違いますので、びっくりというか(笑)
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2019-01-13 01:25 | 読み物 | Trackback | Comments(2)

白玉団子の旅レポと食べレポの野菜ブログ


by 白玉団子