人気ブログランキング |

【そごう美術館】ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

b0009849_15461976.jpg


おひさしぶりぶりのそごう美術館でした。ご無沙汰している間にヨーカドーのカードでも見せるだけで200円引いてもらえるようになっていて、

良かった(*´▽`*)
昨日行った横浜イングリッシュガーデンの半券でも200円引いてもらえるらしいのですが、合わせ技はありえないので、まあね、いいのよ(笑)


b0009849_15481545.jpg


ワタクシはいつもここで展覧会の名前の写真を撮ることにしていますが、シニアが邪魔をして撮れなかったの、、w、、



b0009849_1549119.jpg


そごう美術館は必ず写真を撮ってもいいコーナーがあるのが、お気に入りです。
入口の説明コーナーの大きな壁紙です。大きなというのか巨大だったけれどね。
ウィリアム・モリスのことは全く知らなくて、確か水村美苗さんの小説で名前が出てきて初めて知った位の物知らずです。で、ちょうどその頃に都美術館でアート&クラフト展があり見に行ったのよ。いつだったかしら?と自分の美術館博物館カテを探したら、

なんと奥様!!


10年前でしたわ。10年一日の如しとはよく言ったものです。(遠い目)

都美術館でもモリスのおうちの再現モデルルームのようなものが展示されていた記憶がありますが、こちらでも

b0009849_15532558.jpg


モリスのおうちではなく、モリス風のお部屋の再現モデルがありました。撮影許可

b0009849_15535215.jpg


b0009849_1554214.jpg


b0009849_15541282.jpg


クラシックモリスです。
モリスが生きた時代のイギリスは産業革命のてんやわんやが終わり、落ち着いてきた頃で、身の回りにも目が向くようになりました。おうちのインテリアだって、ただ暮らせればいいわから、美しいものに囲まれて暮らしたいと意識が変わっていった時代です。美しくないものは無用である(とは言っていないけれどね)美しくなければ存在意義がないといったような感じのモットーで突き進むモリスさん。

で、美しい環境を整えていったのでしょうね。
美味しいものにも突き進んでもらえれば良かったのにね(笑)

b0009849_15564229.jpg


こちらはモダンモリスの装飾です。
モリスデザインを使った今風といったところ。

b0009849_15571625.jpg


おっされな高原のおうちといった風情ですね。
まるちゃんが居れば似合いそうw

b0009849_15574325.jpg


b0009849_15575417.jpg


勿論沢山の壁紙の展示がありました。
壁紙のデザインで何が肝心かというと、つながらないといけないわけです。
当然だけれど、それを頭に入れてデザインするのは結構難しいだろうなとシロートは思いました。
デザイナーのお仕事って大変なのね(あったりまえ)

日本のおうちの壁はぬり壁でしたから壁紙といわれてもいまひとつピンと来なかった昭和ばばあです。昔は壁に紙なんか貼らなかったものね。最近の若い方だと壁紙の意味がよくわかるのでしょうが、昔のBBAなので


わからなかったよ。


吹付プシューの時代だったんだもの(笑)

石綿なんぞが混ざっていたりして、そりゃもう後から大変だったのよ。。。

平成は勿論壁紙の時代なのでしょうね。モリスが大好きでモリス風味のおうちを立てた日本の方の紹介もビデオでありました。そういう時代になったのだな~~と、、

19世紀の壁紙に影響を与えた日本の金唐皮紙というものの紹介もありました。凹凸のある壁紙で金属加工をしてあるので大変豪華。ウィーンの万博で紹介されてから、ブームになって日本に工場まで作って生産されたのだけれど、大正時代になると人気がすたれて作られなくなったとかなんとか。その壁紙を使ったおうちが駒場の前田本家とか(せんだって行きましたが暖炉の横の壁紙がそれだそうで、そういえばそんな説明があったような気がしてきました)


上野の旧岩崎邸の金唐皮紙の紹介もありました。

日本風味ジャポニスムも当時人気だったのよね。

リバティの小紋柄もそうよね。

とかなんとか、無理やり日本にこじつけて壁紙鑑賞をした次第です。

出てきたら、中高生位の生徒の集団が入っていきました。
ティーンエイジャーが壁紙展覧会を見て、面白いのだろうか??
インテリア専攻なのだろうか??と、ちょっと疑問(笑)

b0009849_16122583.jpg


蛇足ですが、アカンサスです。モリスが大好きだった葉っぱだそうです。
アカンサスを使ったデザインも沢山あるそうで、(上のファブリックもそうですよね?)大佛次郎記念館前の葉っぱをご紹介(花はまだ咲いていませんでした)
アカンサスの葉は東京芸術大学の美術のほうのシンボルでもあるのよね~~~と、知ったかぶりw
トラックバックURL : https://rose2004.exblog.jp/tb/29424415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2019-05-16 16:06 | 美術館・博物館 | Trackback | Comments(0)

白玉団子のお出かけレポと食べレポ 暇にあかせて記憶辿り 


by 白玉団子