人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14310898.jpeg


【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14312700.jpeg





そういえば去年も今頃花盛りで、たらんと垂れた花穂の下に短冊を付ければ、願い事が叶いそう🎋 と、思いましたが、雨降り本番なので諦めたことを思い出しました。

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14294243.jpeg



一番ゴージャスに咲くのが、梅雨の最中なのがとても残念です。

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14300830.jpeg


九州の雨が又降るという予報で心配です。

それにしても気の毒な特養の利用者さんたち😭
川沿いは怖ろしい。
広い土地が必要だと、どうしても安価な川沿いの立地になるのかもしれません。
台風で被害を受けた岩手の川沿いのグループホームの悲劇を思い出します。

夜中の突然のゲリラ豪雨では、手の打ちようもなかったのでしょう。

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14302765.jpeg



自然は容赦ありませんが、昔はこんな酷い雨や洪水は頻繁になかったように思います。地球が怒っているのでしょう。その怒りのとばっちりはいつも弱者です。

一刻も早く収まって、これ以上の被害が起きませんように、、、🙏

【七夕が近づくと咲き誇る西洋人参木】熊本県の大雨_b0009849_14285466.jpeg



気の沈む曇天の日曜朝













熊本 記録的大雨 2人死亡 16人心肺停止 1人重体 7人行方不明
2020年7月5日 5時37分大雨
記録的な大雨で、川の氾濫や土砂崩れが相次いだ熊本県では、これまでに2人が死亡したほか、16人が心肺停止、1人が重体、7人が行方不明となっています。このうち14人が心肺停止となっている球磨村の高齢者施設では、取り残された高齢者の救助が夜を徹して進められているほか、行方不明者の捜索も続けられています。

記録的な大雨で、熊本県では、球磨川など2つの川の11か所で氾濫したほか、人吉市では球磨川の堤防が決壊し、いずれも広い範囲が水につかりました。

また、芦北町や津奈木町など各地で土砂崩れの被害も相次ぎ、芦北町で80代の女性が死亡したほか、津奈木町で80代の男性が死亡しました。

熊本県などによりますと、さらに球磨村の高齢者施設で14人が心肺停止、芦北町で2人が心肺停止、1人が重体となっているほか、芦北町で4人、津奈木町で2人、人吉市で1人が行方不明となっています。

このうち、球磨村の渡地区にある特別養護老人ホーム「千寿園」では、川の水があふれて水につかり、入所者などの高齢者およそ50人と施設のスタッフが取り残され、このうち14人が心肺停止となっています。

県によりますと、取り残された高齢者の中には、体調のすぐれない人もいるということで、自衛隊が夜を徹して高齢者の救助を進めていて、救助されしだい、順次、病院に搬送されるということです。

また、大規模な土砂崩れで複数の住宅が被害を受け、2人が心肺停止、1人が行方不明となっている芦北町の田川地区では、行方不明者の捜索が夜を徹して行われています。

このほか、相良村では、4日午後の時点で、道路が寸断されるなどしておよそ20の地区で孤立状態となり、熊本県は、自衛隊の派遣を要請して、できるだけ早く孤立状態の解消を目指したいとしています。

「千寿園」救助された人たちは…
川の水があふれて水につかり14人が心肺停止となった熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の近くでは、施設につながる道路が冠水し、消防や自衛隊がボートを使って取り残された人たちを次々に救助していました。

救助された人たちは疲れた様子でことばもなく、隊員に抱きかかえられながら車に乗っていました。

救出された91歳の堤正通さんは3日からショートステイで夫婦で施設を利用していて「救助してくれてありがたかった、本当に怖かったです」と話していました。

迎えに来ていた息子の俊介さんは「施設に連絡してもつながらず状況が全くわからなかったので心配でした」と話していました。

救助に当たっていた自衛隊員によりますと「施設にはまだ30人以上取り残されている。今晩中に全員救助したい」と話していました



西日本・東日本 非常に激しい雨のおそれ 熊本県でも再び雨
2020年7月5日 6時14分大雨
前線の影響で西日本と東日本の広い範囲で6日にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあります。記録的な大雨となった熊本県でも5日夕方から再び雨が激しくなる見込みで、気象庁は土砂災害などに警戒を続けるよう呼びかけています。

気象庁によりますと九州南部付近に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になって九州南部で雨雲が発達しています。

前線は5日夜から6日にかけて次第に北上し活動が活発になる見込みで、記録的な大雨となった熊本県でも5日午後から雨が降りだし、夕方からは雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

また、西日本と東日本の広い範囲で6日にかけて激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

6日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで
▽九州南部で200ミリ
▽東海で150ミリ
▽九州北部と四国、近畿で100ミリ
▽関東甲信で80ミリと予想されています。

また、7日朝までの48時間の雨量は
▽東海で300ミリから450ミリ
▽九州南部で300ミリから400ミリ
▽九州北部と四国で200ミリから400ミリ
▽近畿で200ミリから300ミリ、
▽関東甲信で150ミリから250ミリ、
▽中国地方で100ミリから150ミリと予想されています。

記録的な大雨となった熊本県では地盤が緩んでいるほか、川の堤防が決壊した場所があるなど危険な状態が続いています。

また、前線が今週水曜日ごろにかけて西日本から東日本に停滞するため広い範囲で大雨が続くおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。



Commented by emptynest3 at 2020-07-05 09:46
毎年どこかで大雨が降り、甚大な被害が発生しますね。
今までこんなことはなかったという言葉、何度聞いたことでしょう。
50年に一度しか起きないのか、50年に一回も起きるのか....
考え方で対策も変わってくると思うのですが、
対症対策しかできないのが、もどかしいですね😓
Commented by genova1991 at 2020-07-05 16:54
> emptynest3さま
なんだか場所が変わるだけで、同じような
被害同じような弁解を聞くような錯覚に陥ります。
日本災害列島なので明日は我が身と恐ろしいです。
特別警報もしょっちゅう出ているような、、

ライフラインは基本なので、要らないお金を無駄にするより
こちらにつぎ込んで貰いたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2020-07-05 08:21 | 植物 | Trackback | Comments(2)

白玉団子のお出かけレポと食べレポ 暇にあかせて記憶辿り


by 白玉団子