人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【横浜山手の神奈川近代文学館】

【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_12401488.jpeg




夫が荻野アンナが出ているよ、と、朝日の神奈川版を見せてくれました。山手の近代文学館の新しい館長になられたそうです。

夫は随分前に調べ物のことで、慶應まで話を聞きに行ったことがあります。

近代文学館とはおうちが近いから良かったですね。

近いおうちというと、荻野さん自身が書かれたものに、ご自宅が近くのカトリックの学校にに隣接していたので、学校が拡張する際に是非売却してくれと頼まれたが、いくら通っているとはいえ住んでいる家を無理に買い取ろうとする姿勢が面白くなくて、転校したとかなんとか。だから近代文学館はすぐ近くなのでしょう。

【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_07215559.jpeg
(22年の同窓会講演会 赤く染めた前髪)


ちょうどやはり近くの学校(私の母校)に空席が出来て転入を受け入れてもらえた?とかなんとか。その時は、サザンの原坊も転入試験を受けたのだけれど、荻野アンナが受かったので落ちたとかなんとか。コレは原坊の方の書き物で読んだ記憶。原坊は母上が卒業生で娘も同じ学校にどうしても入れたく、二度失敗したのに、運良く高校に上がる時に定員が45人から48人に増えたため3度目の正直で入学出来た、荻野アンナと同学年。読んだ話。

彼女たちと私とはちょうど3年違うので、荻野アンナは見覚えがありますが、原坊とは入れ違いでした。

荻野さんはあの風貌なので目立ちますから、事情通のクラスメートにあの方はね、云々と聞いたことがあり、覚えていますが学年が違いすぎて他の友人は知らなかったようです。

【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_12095406.jpeg


山手の近代文学館で講演があるから聞きに行くと、雨の日曜日に出かけたヲット
1月のことです。

石川町で降りて、元町側の出口にタクシーがいるからそれで行くのよ!
と、言い聞かせた(つもり)だったのに、元町中華街で降りたらタクシーなんていなくて酷い目に遭ったと、、


石川町と何度も言ったじゃないの‼️

だって手帳には元町中華街と書いてあるし、、
人の言うことを聞きなさいよ。この田舎もん‼️←ヒステリー


元町中華街からタクシーなんて近過ぎて嫌がられるし、案の定雨降りなのに離れた所で降ろされて、ブツクサ、知らんがな、、


で、何の講演会だったの?

【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_12101880.jpeg


ポラックさんの本

へぇ〜

植物じゃない!
わかったの?

全〜然、、
だろうね。
いびきもかかず、居眠りもしなかったから偉い!と、言って🤗


【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_12103296.jpeg



偉い!よく我慢出来た😅


どうやら明治時代に日本に来たフランス人植物学者の話らしい。
だったら、ちんぷんかんぷんのヲットよりも、プラントハンティング、プラントハンターの本を図書館で借りて読んだことのある私の方が聞き手としてはマシだった。

尤もプラントハンターってイギリス人ばかりよね。
フランス人がいたのは初耳。

色々読みましたがすっかり忘れて、モヤモヤの彼方だわ。


【横浜山手の神奈川近代文学館】_b0009849_08111125.jpeg
(50年前の夏 ジュラの山の中)←ジュラというのはジュラ紀のジュラです


ポラックさんは、私が学生時代の夏休みに、ディジョンのサマースクールに当時の日仏学院のグループで参加した際の何と言うのか引率者?で、その頃は一橋の学生だったのよね。留学生ではなく正規で受験したとかナントカ←頭いいんだ! 同時に中央でもフランス語を教えていてグループの中には教え子もいた記憶。
そういえばグループの皆で20〜25人位、バスを借りて奥様のご実家のジュラまで遊びに行った思い出もあります。そうだ!ポラックさん、キキという愛称だったわ←突然思い出す50年前の記憶😆


結局その後の50年間日本に居続けたのかしらん?
ヲットの写真を見たらすっかりお爺さんになっていた。
光陰矢の如し🏹


表紙の百合の花、かのこ百合?紅筋山百合?だわね、を見て、日本の植物といえば百合なのよ‼️
と、夫に言いましたが、相変わらずちんぷんかんぷんで反応なし

今世界中で愛されている百合の花はほとんどが日本の百合からの改良なのよね〜


白百合というとマドンナリリーしかなかったヨーロッパに日本の鉄砲百合がもたらされた時は大変な衝撃だったそうです。

山百合のぶつぶつを抜いたのがカサブランカだしね。

世界中の百合の故郷は日本なのでありました。


そうそう、植物学の講演だったせいか、市大の先生方もみえていて、終わった後に隣の猫の大佛次郎館のカフェの団欒で、ウチの近所の市大の先生の近況を知らされたそうてびっくりしました。
世界は広いようで狭くひょんな所につながりがあるものだと驚きました。

名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2024-04-06 00:50 | 読み物 | Trackback | Comments(0)

白玉団子のお出かけレポと食べレポ 暇にあかせて記憶辿り


by 白玉団子