人気ブログランキング |

【ドバイInc.】

追記(3月10日21時40分)アメリカで大問題になっていたDPWによる買収はマクトム首長が撤退を決めたことで終わりとなったそうです。
【ドバイInc.】_b0009849_17463618.jpg

この写真は「シリアナ」の映像です。舞台になっている砂漠はドバイの砂漠のようです。世界各地で行われたロケですが、ドバイでも多くの重要な場面が撮影されたそうです。

火曜日の夜に旅のスタイリストさまの「海外の情景 今日の一枚」をクリックしましたら、何とドバイのリゾート(この記事は上記の前日分です)が目に飛び込みました。

びっくり。もちろん旅のスタイリストさまのお写真の素敵なアル・マハ・リゾートも映画の舞台になっているそうです。

そして、水曜日です。昨日のこと。「ブログは新聞を殺すのか」などという物騒な表紙のニューズウィーク日本版が目に入ったので、400円も投資して購入しました。
「サイトはこちら」このサイト「hankyu」となっています。中を見ると「歌劇」なんていうのがあるので、日本版は阪急がやっているのでしょうか?今まで全然知りませんでしたわ~・・。とてもびっくりです。「FIGARO」も!

肝心の記事はたいした内容ではありませんでしたが、そこにあったもう1つの記事が「ドバイ株式会社」でした。

おや、またドバイです。





ドバイというのは「アラブ首長国連邦(UAE)」の中の7つの首長国の1つです。ほかにアブダビが知られています。あとの5つは聞いたこともありません。(--;

同じ日に送られてきた「TIME」極東版をめくって驚いたのは又もや「ドバイ」です。

どうやら目下アメリカの関心事はドバイのようなのです。

斜め読みをしたので、何故かがよくわからなかったのですが、NWの日本版のおかげで、ドバイの首長(都知事のように思えますが、王様のことです。シュー長に近いのかもしれません。)一族が支配するドバイの国営企業ドバイ・ポーツ・ワールド社(DPW)がアメリカの6つの主要港の管理会社を買収するという報道のせいで、色々問題になっているそうなのです。

はっきりいって、私共には無関係(多分)ですが、おかげでドバイの様子が賑々しく書かれているので、大変参考になりました。

石油でお世話になっているので(多分)「アラブ首長国連邦」の名前だけは知っていますが、どんな所なのか考えたことも調べたこともなかったので、ドバイが人工スキー場が2ヶ所もある、人気のリゾートを持つ砂漠の国であるなんて想像もしたことがありませんでした。

お金があれば、スキー場だって航空会社だって、ポン、と作れるようです。さすがオイルマネー。開明的な今のムハンマド・ビン・ラシッド・アル・マクトム首長のおかげでドバイは今や中東のシンガポールにならんとしているそうです。観光にも力を入れていて、リッチな人たちの豪華なリゾートとして有名なのだとか。

しかしアラブの国には違いないので、あまりに性急な近代化(西欧化?)は周りの国々の反発を買いかねないし、何といっても「鶴の一声」政策ですから、明日はどんな風が吹くかは不明であります。この辺りが危うい点なのでしょうね。

とにかく私にとっては砂漠の真ん中にリゾートがあるということ自体が驚きであって、そこの国が世界経済の上で重要な位置を占めようとしているという点はまだこれから理解を深めていかなければいけないのかと思っております。。。深めてどうということもないのですが。。。。

TIMEには蝋人形で有名なマダム・タッソー($1.5billionの投資)はドバイ資本がオーナーであるとか、NYのセントラルパークを見下ろすエセックス・ハウスに多額($440million)の投資をしていること、ダイムラークライスラーの2%($1billion)のシェアを持つことなどが書かれています。
トラックバックURL : https://rose2004.exblog.jp/tb/4242206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 為替王 at 2006-04-01 07:34
タイトル : シンガポールでは天からおカネが降ってくる!?
日本の財政状態は厳しく、将来、歳出削減しない場合、消費税を20%超に引き上げないといけない!なんて試算が財務省の諮問機関である財政制度等審議会から発表されました。日本のお上は我々国民から徴収することしか考えていないようです。しかし世界に目を向けると、国民にお...... more
Tracked from Blogタックル at 2006-04-06 02:25
タイトル : ニューズウィーク日本版をもらった後記
■4月より所属先が変わって今日で3日。さすがに3日ではなかなか慣れないもんで、ホントにいろいろありますわ。特に今週はさまざまな手続き三昧。すべて足をつかわず電子処理できる日は来ないものなんでしょうか。ま、絶対にならないんでしょうな。そして、今年は学校に行....... more
Tracked from セミリタイア入門 at 2006-05-26 17:57
タイトル : セミリタイア入門
不動産投資や株、投資信託で資産を増やすのもセミリタイアのためには重要な要素ですね。... more
Commented by dice_michigan at 2006-03-09 19:33
僕も行ったことありませんが、写真や話から想像するとすごい大都会リゾート地みたいですね。中東地域は、未知の世界です。
Commented by genova1991 at 2006-03-09 21:12
☆dice_michiganさま
>すごい大都会リゾート   人工雪のスキー場と砂漠が並んでいるという物凄いリゾートだそうですね。ちょっと私の想像力では想定外の規模であります。雪と砂漠の温度差ってどれくらいあるのでしょうね~。。
Commented by 旅のスタイリスト at 2006-03-09 23:33 x
何か<ドバイ>盛り上がっているのですね。そう一般的には馴染みのなかった国ですが、石油依存の国から観光依存へそして今は世界のIT基地、メディカル基地目指して、外国企業の誘致が盛んな国になりつつあります。人口の島を作って、コンドミニアム、ホテルなど誘致し、まだ出来てはいないのですが、あのベッカムもすでに買っているとか・・。バブル真っ最中です。ぜひお出かけください。時期を選べば暑くないですよ。
Commented by genova1991 at 2006-03-10 09:14
☆旅のスタイリストさま
映画をきっかけに「ドバイ」に滅茶遭遇!の感があります。
ヨーロッパからですと、比較的近いでしょうし、砂漠のエキゾチックな雰囲気と快適なデラックスリゾート気分の両方が味わえて、良い所なのでしょうね。どこまでそのバブルが続くのか!首長が変わればどうなるのか、周りの国との軋轢は如何に?etc.興味深い国ではあります。

それにしても、砂漠のロマンチックディナーには心が魅かれます~・・。
Commented by lanova at 2006-03-10 09:25
ドバイは世界で最もお金持ちの住む場所だといわれていますね。現地の人はわずか20%で、それ以外の人は外国人労働者なんだそうです。その現地の20%の人たちがほとんど企業のトップで、大富豪だと聞きました。
Commented by emicoucou at 2006-03-10 09:44
ドバイのことで知っていることはとても少ないですが、石油ビジネスの凄さ(?)を感じます・・・
Commented by genova1991 at 2006-03-10 18:36
☆lanovaさま
オイルマネーの力は凄いようですね。もう少し上手に使ってアラブ世界だけでも良いので、貧富の差を平にしていただきたいものです。諸もめごとの根幹はそれですものね、、、。
例のアメリカで騒ぎになっていた港湾管理会社からドバイは手を引くそうで、推進していたブッシュはちょいと困っているようですね、、。
Commented by genova1991 at 2006-03-10 18:37
☆emicoucouさま
個人的には富の偏在はあまり良いことではないと思っています。
不満の出ないようなお金の使い方をしていただきたいと願っております。
Commented by snowy_opal at 2006-04-02 08:47
知人がドバイでの仕事で年に何回か往復しているのですが、ドバイの空港の免税店では、「ベンツ」や「ランボルギーニ」を売っているんだそうです。もち、免税。凄すぎる!
Commented by genova1991 at 2006-04-02 21:01
☆snowy_opalさま
「ベンツ」や「ランボルギーニ」ですと、免税分もかなりな額になるのでしょうね~。しかし、免税店で車ですかぁ~!
さすが、リッチな石油首長国だけありますね。
女性もアクセサリー感覚でヴァン・クリーフやカルティエ、ショパールで身を飾るそうです。勿論黒いあれの下でしょうが、、、
名前
URL
削除用パスワード
by genova1991 | 2006-03-09 17:56 | 読み物 | Trackback(3) | Comments(10)

白玉団子のお出かけレポと食べレポ 暇にあかせて記憶辿り 


by 白玉団子