こちらのトレインレストランは去年の7月にオープンしたばかりのピカピカ食堂です。

b0009849_16265514.jpg


1889(明治32)年5月25日に日本初の食堂車が誕生し、洋食中心のメニューが提供されていました。そして1938(昭和13)年に「日本食堂」が誕生。
食堂車から受け継がれる味をさらに進化させた特製デミグラスソースを使用する「ビーフシチュー」や「スペシャルハヤシライス」のほか、食堂車で人気のあった「ビーフカレー」を復刻しメニューにラインナップ。
また、寝台特急「北斗星」で実際に使用していた食器やシルバーでサービスいたします。
かつて誰もが憧れた食堂車をテーマとした「トレインレストラン日本食堂」のノスタルジックな空間を是非お楽しみください。(サイトより)

b0009849_16271145.jpg


鉄道博物館自体は名古屋門司京都でお腹が一杯(笑)でしたので、今回の目的は2階にできた「日本食堂」でかつての食堂車気分を味わうことでした。

懐かしい「日本食堂」今は国鉄民営化後NRE(日本レストランエンタプライズ)と名前を変えて、食堂車はもうないので駅弁を売ったり、車内販売をしたり、東海道etc.のグリーン車の検札?兼籠下げて販売とか、、)しています(ほかにもしているでしょうが、駅そばも、大船軒も大増もNRE)

日本食堂と聞くと、あまり美味しくない(笑)イメージが先立ちますが、とにかく懐かしいので、お味は二の次三の次なのだ。東海道新幹線は最初ビュッフェがついていて、2階建てになった時に食堂車も出来ました。ビュッフェ時代が長かったけれど、日本食堂と都ホテルと帝国ホテルが入っていて、日本食堂に当たるとはずれだ~~と云われたりしていました(個人的感想w)そのうちに都ホテルや帝国ホテルがなくなり、分割民営化されて、東海道新幹線はパッセンジャーズがワゴン販売や駅弁販売を担っています。パッセンジャーズの駅弁もNREに負けず劣らずあまり美味しくないよね~~~と、云ってみたりする(コラ!)


人気ブログランキング

More
by genova1991 | 2018-03-07 16:47 | ・東日本 | Trackback

b0009849_1561293.jpg


子どもの頃に神田だったか秋葉原だったかにあった交通博物館に連れて行ってもらったことはありますが、記憶はありません(笑)大宮に引っ越してもう10年になるのかとびっくりしました。光陰矢の如しです。

鉄道博物館や記念館?は門司、京都、名古屋近郊と3か所を既に回りましたが、遂に最後に大宮にやって参りました。
そもそも大宮で下りること自体が初めてでして、見るもの聞くものすべて物珍しいワタクシであります。
大宮駅内の広い駅ナカにびっくりしながら改札を探すお上りさんでした。
東京から見るとお下りさんだけれどね~~~(笑)
最近は東京駅が始点ではなくなり、上り下りも曖昧になり、北行き南行きに変化しています。

上り東京行きが過去のものになった21世紀です。

サイトです: 鉄道博物館



人気ブログランキング

More
by genova1991 | 2018-03-07 15:44 | ・東日本 | Trackback | Comments(8)