お散歩アルバム・・春の足音 rose2004.exblog.jp

白玉団子の旅レポと食べレポのおぶたブログ(京王プラザホテルのひな祭り」


by 白玉団子
プロフィールを見る

カテゴリ:・東日本( 58 )

b0009849_17303082.jpg


両陛下の午餐を提供したのが、駅前のグランドホテルと聞き、夫が見に行こう!!と云うのでついて行きました。くらびれちゃったから、コーヒーでも飲んで帰る元気を取り戻そう!!

b0009849_17304629.jpg


振り返ると立派な深谷駅が夕暮れ時の姿を見せてくれました。

サイトです: 埼玉グランドホテル深谷


日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-17 17:49 | ・東日本 | Trackback | Comments(0)
b0009849_1653246.jpg


こちらも誠之堂と同じく瀬田にあった清和園から移築した建物です。
誠之堂が大震災前に作られた煉瓦造りだったのに対して、大正15年につくられた清風亭は鉄筋コンクリートです。鉄筋コンクリートの建物としては初期の貴重なものとなるそうです。

清風亭は、大正15年(1926)に、当時第一銀行頭取であった佐々木勇之助の古希(70歳)を記念して、清和園内に誠之堂と並べて建てられました。

深谷市のHPです: 清風亭



日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-17 17:11 | ・東日本 | Trackback | Comments(0)
b0009849_10312611.jpg


b0009849_10314959.jpg


b0009849_10321545.jpg


お次は渋沢栄一ゆかりの建築物です。
少し駅寄りの、大寄公民館内に移築された2軒の建物。
最初の 誠之堂は、大正5年(1916)、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちの出資により建築されました。世田谷区の瀬田にあったのですが、バブル後の不景気の中、当時はなんだろう?第一勧銀なのかみずほなのか、不要な土地保養所などは処分しましょうという世間の風に流されて、セントメリーというインターに売却したそうです。
で、古い建物はそのまま使う予定だったけれど、やはり学校側としては、新しい建物が必要になり、取り壊すことになった5日前(笑)に、深谷市がそれはあまりにも残念だから、こちらで引き取ります!!
と、
引き取り、3億かけて移築したそうです。

深谷駅の建築費用38億といい、移築するだけで3億だそうで、

億単位の街であります(びっくり)

深谷市のHPです: 誠之堂(せいしどう)




日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-17 10:59 | ・東日本 | Trackback | Comments(2)
b0009849_1921775.jpg


記念館からほど近くにあるのが、渋沢栄一が論語の勉強に通った、従兄の尾高惇忠の家です。
従兄であり、妹のちよと結婚したので、義兄でもあります。
こちらの家はそのまま残っているようです。曖昧ですが江戸時代後期の建物で築250年とかだったような数字だと思います。やはり蚕も飼っていたのでしょうか?屋根の形が同じですね。

デジタルミュージアム: 尾高惇忠生家

PDFです: 尾高惇忠生家

b0009849_1972358.jpg


夫がこちらで購入した地元の研究家の著作です。
表に尾高惇忠の写真があるのでのせました。
立派なおひげです。渋沢の論語の先生で、四書五経すべてを教えたそうです。

b0009849_198381.jpg


左側の男性は同じ名前で曽孫にあたる作曲家の尾高惇忠さん。
去年だったか一昨年に奥様とのコンサートを藤沢で拝聴しました。
私の中高で一緒だった方は、尾高惇忠さんのお母さまにピアノを習ったそうです。
お母さまもピアニストだったのね。お父様は有名なN響(の前身)にこき使われて早世された尾高尚忠さんです。おひげのお祖父さまのお孫さんで渋沢栄一の孫でもあります。



日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-16 19:29 | ・東日本 | Trackback | Comments(0)
b0009849_1619550.jpg


渋沢栄一の生家で説明をして下さる方に大演説をぶっている夫に、いい加減にしないと全部回れないわよとタクシーに引き込み、次の記念館へと向かいました。すぐ近くです。生家から師匠であり従兄であり義兄である尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)の家までの道を「論語の道」と呼んでいるそうです。
論語の道の途上にある、記念館です。様々な資料や写真が展示されていましたが、撮影禁止なので頭の中に入れたけれど、忘れちゃったわ~~あはは (´・ω・`)

サイトをご参考まで

渋沢栄一デジタルミュージアム: 渋沢栄一記念館

論語の里: 論語の里マップ

そうそう、記念館と兼用の公民館ですが、名前は「やつもと」と読むそうです。


日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-16 16:34 | ・東日本 | Trackback | Comments(0)
b0009849_9265653.jpg


b0009849_9271444.jpg




渋沢家三代 (文春新書)

佐野 眞一 / 文藝春秋




この佐野眞一さんの新書を読めば、おおまかな渋沢栄一とその息子孫のことがわかります。

で、随分前に読んだので曖昧ですが、最初に出てくるのが血洗島の生家中の家(なかんち)だったと思います。地名が凄いですよね!!忘れられません。横溝正史に出てきそうですもの。
読んだ時は深谷がどこにあるのか、皆目見当もつかず、まさかその地に立つことになるとは思いもよりませんでした。あちこち訪ねてお話を聞くと、ああ~それもこれもこの本に書いてあったわと思い出しました。なかなかコンパクトにまとまっていてわかりやすい新書です。

きっかけは昨秋の両陛下のご訪問なのですが、深谷について調べてみたら

b0009849_930547.jpg


こんな都合の良いタクシーでの史跡めぐりがあることを発見しました。
結構いいお値段ですが、車じゃないと見て回れませんし、致し方ない。
これがなかったら、行ってみようとは思わなかったかも。

で、ファミマの前でタクシーと待ちました。

渋沢栄一: 渋沢栄一記念財団

渋沢栄一デジタルミュージアム: 旧渋沢邸 中の家

PDFです: 旧渋沢邸:中の家



日本全国ランキング

More
by genova1991 | 2018-01-16 10:06 | ・東日本 | Trackback | Comments(4)
b0009849_21153341.jpg


深谷(深谷ネギで有名なあの深谷です)の駅に下りたつと、何がびっくりかといって、駅舎です。
東京駅の丸の内側を彷彿とさせる煉瓦のアンティークな雰囲気の駅舎。
というのも、東京駅を作った煉瓦がここで焼かれた煉瓦だったので、東京駅の煉瓦の故郷ということでもあります。

随分前に駅舎の様子は週刊誌のグラビアで見たことがあり、実物を見ても確認した気持ちになっただけですが、知らずにここに来て、駅舎を見たら驚いただろうな~~と思います。
雑誌で見なきゃ良かったわ(笑)

実に立派な建物です。

トラベルJP : 埼玉にある煉瓦の美しい駅舎






深谷は埼玉県(武蔵国)の街ですが、すぐに群馬県にはいります。
高崎まで20分強ですものね。

More
by genova1991 | 2018-01-15 21:32 | ・東日本 | Trackback | Comments(4)
b0009849_2038203.jpg



b0009849_20384827.jpg





b0009849_11464751.jpg

b0009849_11464788.jpg

藤沢からUTラインで二時間強の深谷に行く途中です。
高崎線に乗り入れるようになってから、初めての上野以北です。東京から先はどこまで行ってもグリーン券料金は同じですから、グリーンで行きます。
Suicaにグリーン券情報を入れる際に、うっかり深谷と熊谷を間違えてしまい、涙。

熊谷の方が手前なので、みどりの窓口で変更してもらいました。一回Suicaに情報を入れるとSuica内の変更はできないそうで、紙の切符となった次第です。
高崎を押しておけば良かったわ。終点だから間違いないものね。
しかし、みどりの窓口の駅員さんも、深谷と熊谷のどちらが手前でどちらが先なのかピンとこないようで、時刻表の地図で確認していたのが可笑しかった( ^∀^)

昨日から失敗ばかりしているばーさんでした。

2時間も乗るから昼食はお弁当。焼き鳥弁当です。ご飯がわさびご飯で美味しいのよね。
ニューデイズにあったかいおっきい焙じ茶があったので、長旅のお供なり。


グリーンアテンダントは東京で降りて、上野で乗ってきました。ふーん。
東京ー上野間はいないのね。

次は おくです o(^-^)o



More
by genova1991 | 2018-01-15 11:46 | ・東日本 | Trackback | Comments(6)
b0009849_14534163.jpg


神奈川県には東海道新幹線が走っているので、JR東海の線路はありますが、在来線もあるのです。
御殿場線。国府津から沼津まで1時間に1本の間隔でのんびり走っています。
最初に鉄道が出来た時の東海道線なので、沿線は立派でしたが、丹那トンネルが完成して東海道線は迂回をしなくても済むようになり、その後御殿場線は寂れ、レールも戦時中に取られたとか何とかで(曖昧)単線ローカルとなりました。

とかなんとか、ご託を並べていますが、御殿場線で駿河小山に行ったということであります。

で、JR東海だからね、面倒なのよ~~~
本当に
本当に
面倒で、ぶんむくれ(( ˘ω˘ ))

そもそも御殿場線にはスイカタッチがないので(作る気はさらさらないとのJR東海の答えに沿線住民もぶんむくれw)すが、スイカタッチがあっても ●JRの2つの会社にまたがっては使えない
という大原則があるので、使えません。三島や沼津に行くときと同様、切符を買わにゃならんのだ。

切符なんて駅で売っているだろうが、
自販機も使えないのかい?
と、云われそうですが、

ぐずぐずしていたら時間がなくなり、藤沢駅の中央改札に出る余裕がなくなり、小田急の連絡通路を利用となりました。乗り換え切符の自販機はありますが、夫のスイカを入れると、このままお使いくださいと出てきて、切符が買えないのよ。

う~~~む、、、、、

私は買えたので問題なしですが、スイカ定期を持っていると買えないのよ、切符。困った。

前回は日曜日だったので、駿河小山駅に駅員さんがいたので良かったのですが、平日は無人駅で誰もいなければ、機械(自販機など)もシャッターがおりていて、無機械(笑)

どうするのよ~~~???

このまま逃げても入場したスイカの退場記録を入れないと、次に使えません。

どうするのよ~~~~!!!

More
by genova1991 | 2017-08-30 15:24 | ・東日本 | Trackback | Comments(0)

【湘南電車】

b0009849_20351150.jpg


手近な所で湘南カラーの塗装の電車を見られる場所はありますか?
との質問に、「京都の鉄道博物館か藤沢駅のキオスク」という答えを見て

大笑いの私

京都は行ったばかりだったので、

そうよ!!
湘南電車が真っ先に出迎えてくれるのよ

と、思いました。

b0009849_2037993.jpg


私の学生時代は郵便車がくっついていたので、16両編成もありましたよ。
郵便入れが横についていて、ここに投函すると関西には早く着くのだろうか?と、いつも思っていました。そうそう新聞をのせる車両もありました。郵便車と同じかもしれません。

More
by genova1991 | 2017-04-18 20:46 | ・東日本 | Trackback | Comments(4)