【SS Canberraの思い出】

b0009849_23074550.jpeg






さて、今日も又ビックリが1つ、、、

いくつになっても知らないことは限りなくあるものだと感心します。キャンベラ号は私達にとっては馴染みの客船でした。しょっちゅう横浜に来ていたように思います。名前からてっきりオーストラリアの船だと思い込んでいたのですが、P&Oのイギリス船で、サザンプトンとシドニーを行き交う定期旅客船だったというのを、今日知りました。もうね、目から☆が飛びそうなほどビックリ仰天です。私達が学校の窓から眺めていた時代は定期航路で、その後クルーズ船になり、もっとずっと後にはフォークランド紛争にも参加したそうで、


ビックリびっくりビックリ

大昔、父がキャンベラ号に乗って日本に来たオーストラリア人の話をしたのを覚えています。
彼らはけちん坊だから船に食事が付いているので、絶対に外で食べないんだよ。船に戻って食べるのさ。

ということは、クルーズ船の時代になるのかな?じゃないと辻褄が合わないよねと、遠い昔の話を考えてしまいました。ヒマ人の私です。

定期航路の時はオーストラリアへの移民船だったのね。コメント欄にもそんな内容がありました。ぶらじる丸やあるぜんちな丸のような役割だったのでしょう。

高校3年の3月、そろそろ卒業式が近くなったある日。この日も港にはキャンベラ号が泊まっていました。そろそろこの眺めも見納めだなと思ったその時に、船が動き出したのです。

「あれ?キャンベラが出て行くわよ!」
暫く眺めていると、ボォーボォーという汽笛が聞こえました。
高校生活の終わりを告げているようで、忘れられない春の眺めでした

# by genova1991 | 2019-01-13 22:23 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

b0009849_1624137.jpg


b0009849_16241921.jpg


寒くて雨降りの昨日とはうって変わり、晴れ上がったいいお天気の日曜日でした。
でも、気温は低いですね。
北海道の旭川と沖縄の温度差が50度の日本列島だそうです。

(でも、静岡県だって50度差はあるよ!とのことで、考えたら寒いのは富士山の頂上だわねw)

脚の痛みも気にならなくなり、ラッタッタとテラモに向かいました。
お昼時になってしまい、アフタヌーンティーだったら座れるかと1階奥へどたどた。
幸い席があったので、沈没してまったり~な

ディーン&デルーカよりもずっとまったりできるものね(笑)

More
# by genova1991 | 2019-01-13 16:37 | ・テラスモール湘南 | Trackback | Comments(2)

b0009849_1544273.jpg


b0009849_15441936.jpg


昨日崎陽軒売店の前を通りがかったら、見慣れないお弁当がありました。
秋に松茸御飯が詰まっていた松花堂弁当の冬バージョンと、彩りちらしというちらし寿司です。

松花堂弁当はあまり置いていないのか見る機会がないので、早速げっと。
ちらし寿司は別に崎陽軒じゃなくてもいいわと無視(笑)
(お寿司にもしうまいは入っているのだだろうか??)

秋が松茸なら冬は蟹なんですね。
ゴージャス崎陽軒!!
お値段も崎陽軒にしてはゴージャスでした。。。

More
# by genova1991 | 2019-01-13 15:52 | おいしい物 | Trackback | Comments(0)


b0009849_15242208.jpg


孫と私のケッタイな年賀状 (文春文庫)

佐藤 愛子/文藝春秋

undefined


画像が切れてしまいましたが、「孫と私のケッタイな年賀状」が題名です。

本屋で見つけて手に取り、パラパラとめくっただけで笑ってしまいました。


さすが佐藤愛子大先生です。年賀状も凡人とは発想が違います。表紙のトトロは可愛くて何が可笑しいのかと疑問を持ちますが、表紙以外は皆可笑しい!


いや、正確には最初の赤ちゃんパンダも可愛いけれど、その可愛い1枚目も横に写っている鈴(りん)の理由を知るとやはり笑ってしまひました。


お孫さんの桃子ちゃんと一緒に写した年賀状用の写真の物語です。物語というのは変で、年賀状画像の変遷かしら?大先生はさほど変わらずとも桃子ちゃんは育っていきますからね。赤ちゃんから幼児、小学生、乙女へと成長する姿を見るのも楽しかった。


そういえば随分昔、北杜夫のお孫さんと桃子ちゃんの写真見合い(違)の話を読んだよね〜と月日の流れの早さにしみじみしました。その北杜夫大先生には愛子大先生の年賀状をけなされたため以後出すのを止めたら、喜美子夫人に残念がられたため夫人宛てに出すことにした云々があり、面白かったです。


一味もふた味も違う(というか想像の斜め上)年賀状の写真を見るだけでも楽しい文庫本でした。


愛子大先生の最近の作品はさすがに口述筆記のようですがお元気そうで何よりです。久し振りに愛子節を読んで心が明るくなりました。


でも最後の年賀状がご臨終写真なんですよ〜


こればかりは凡人には無理だよね。愛子大先生ならでは!!

# by genova1991 | 2019-01-13 01:25 | 読み物 | Trackback | Comments(2)

【冬の旅と舟漕ぎ】

b0009849_00482247.jpeg





シューベルトの有名な歌曲は沢山ありますが、冬の旅もその1つでしょうね。詳しくないので何も言えません(キッパリ)

まだ私が学生で、お隣のおばちゃまがお元気だった頃のことです。かれこれ45年以上前のことになるのかな。藤沢の市民会館も出来てからそうたっていない頃。お隣さんは当時コーラスに入っていて、その指揮者の方が指導している別の団体のコンサートがあり、チケットを頂きました。母と二人で聞きに出かけましたが、男声合唱だったのね。

ご存知のように、男声合唱は音としてはパーフェクトなので、伴奏なしのことがあります。音楽的に完璧だとしても、伴奏なしだと耳的には地味なのよねーーー

確か演目が冬の旅で、暗いのだよ。明智くん、、
その年は大学に入りたてで心の余裕があったせいか、4年間に必須の単位の3/4取っちゃったんだよね。で、忙しかったし、クラブにも入っていたし、遠距離通学で疲労が蓄積していたのでしょう。聞き慣れないドイツ歌曲の上に伴奏なしの地味編、、、


もうね、熟睡、、、😢

それはもう気持ちがいいのでありました(笑)渋い男声の子守唄ですわん。

帰宅してから母にどんなに叱られたことか、、、

舞台から見えるような席で、寝るだけならまだしも、あなたはゆらゆらと舟を漕いでみっともないったらありゃしない。いくらつついても起きないし、お隣の奥さんに恥ずかしくて合わせる顔がない!!! お小言、、、山盛り

爾来男声合唱と聞くと又寝てしまうのじゃないかとトラウマであります。しかし、フィッシャーディスカウは美声ですね。家で聞く分なら寝ても叱られないから気楽😁



叱られた話とは別に、シューベルトといえば「魔王」が音楽の教科書に出て来たのでお馴染みでした。中学だったか高校だったか、音楽室の様子が思い浮かびます。音楽の時間にはレコード鑑賞というのもありました。昭和の昔話。

# by genova1991 | 2019-01-12 19:48 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

b0009849_10504888.jpeg


ユーチューブのお勧めの中に、にっぽん丸の見学会というのがあり、ヘェ〜こういうのに参加しておけば戸惑わずに済んだのねと知らないからすっかり感心しました。




というのも、松阪港でテンダーボートを降り、待合室に入ったら地元の女性に声をかけられたのです。

「どちらからおみえですか?」

たまたまその前に、セントレア行きの船便があるのを知ったせいで、えーーー〜っと、空港からじゃないし、と、一瞬考える私←考えるな!

「船から来ました😁」

尋ねた地元女性はビックリして(そりゃそうだ。ボートから下りてきたのはわかっている)

「そうじゃなくて、何処からって、場所です。」

「ん、だから、そこの沖に泊まっているにっぽん丸から、、、港が浅くて泊まれないそうです。」

「そうですね。だから、何処から船に乗ったんですか?」

なんだ、そういう意味なのか、、、トホホ←突然の質問に動揺したにしても、アホ過ぎる、、、😅

「えーと、昨日は熱海で、その前に横浜から乗りました。」

って、熱海は云わんでも良いじゃろが、、、

ワタクシの、あまりにもあまりな返事に地元女性も気の毒がって、(アホだと思ったに違いない)突然声をかけて驚かせてと、大変丁重なお礼の言葉をいただき、バイバイ。

ふと横を見たら、にっぽん丸見学会、の札が出ていました。成る程松阪初寄港の見学会に参加する女性だったのねと、納得したしだいです。

それにしても、どうしてあんな事言ったんだろう、、、

アホちゃいまんねん馬鹿でんねん、、、😂 丸出し

# by genova1991 | 2019-01-12 11:13 | ・・にっぽん丸クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(0)

b0009849_19061981.jpeg



枯らしてしまってからもう随分たつので、手元には写真もありません。ブログの中になんとか見つけた冬の薔薇。こんなにピンクが濃かったかなーーと、記憶を辿っています。花は気温で色がかわりますから、寒い時は濃くなるのかもしれません。シャリファ・アスマというのは、オマーンの王妃さまから取った名前だそうです。イングリッシュローズに憧れていた時に植えるならどれがいいかと散々悩んで選んだ苗でした。四季咲きだから真夏と真冬以外は咲いていましたが、やはり春一番が花も大きくかおりも良かったように思います。

今頃何故このバラに触れるのかというと、いととはり、さんの

ブログによく登場する「ボレロ」という名の優雅なバラに、突然あれ?そういえばよく似ているわね。と気付いたからです。もうずっと見せて貰っているのに気付くのが遅すぎて我ながらいやんなっちゃう(笑)お写真を沢山載せてくださるから似た姿に気付いたのかもしれません。それ以前に美しいバラだなとは思っていたの。

したら奥さま、ボレロちゃんはシャリファ王妃のお子さまですってよ!!
ボレロはメイヤン作出だそうですが、片親がERのシャリファ・アスマでもう片親がキモノというバラだそうです。親がオースティンで子がメイヤンというのにも驚きました。

そりゃ似てるはずよね。血縁関係(笑)があるのですもの。

で、結論 : 好きな花は同じというか、共通するのだなーーー☺️
洋服選びでもいつも似たような物を選んでしまうのに通じるのでしょうね。

思いがけず、シャリファ・アスマのお子さまにお目にかかれて感無量でございます。いととはりさんのおかげです。有り難うございました。

# by genova1991 | 2019-01-11 19:33 | ・ばら | Trackback | Comments(2)

b0009849_1622915.jpg


b0009849_16222412.jpg


ラスカ地下のアンデルセンの前を通ると、今年の干支パンがあったので買ってみました。
見た目カレーパンですが、クリームパンとなっています。
へぇ~~~
カレーパン風の装いのクリームパンなのだ、、
ほぉ~~~

More
# by genova1991 | 2019-01-11 16:28 | ・パン | Trackback | Comments(4)

b0009849_1642399.jpg


b0009849_1651319.jpg

先に席を取っちゃいけないんですってよ。スタバ方式禁止(笑)

ということで、お久しぶりぶりの丸亀さんです。
うどんの食べ過ぎ=糖尿病
という図式のせいで、なんとなく離れていましたが、寒いしね~
サラダを食べる気分にはなれず、熱々のあんかけに引き寄せられました。
去年もありましたから、毎年あるのかな?
かに玉あんかけ。

名前を聞くだけで、吸い寄せられてしまふ、、

More
# by genova1991 | 2019-01-11 16:15 | ・麺類 | Trackback | Comments(2)

【はずれもん】

b0009849_1537355.jpg




昨夜、よくよく考えたら「当たりもん」って、変な言葉だな~~
う~~む、、
あ!そうだ!!

クジのことを「当てもん」と云ったからだわと気が付きました。
当てもんと当たりもんでは意味が違う(個人的に)けれど、ま、いっか~~
その前に福岡県の人は「なるほどですね」とか「あのですね」というのが口癖だというのを読んでいて、ふ~ん、そうなんだ、、そういう口調って蛭子さんだよね、なんて思ったからなんとなく「もん」がついてしまったのよ。自分としては九州風のつもりかも、、w、、全然関係ないのにね。。

で、当たりの次ははずれです。

今年最初のはずれくじ@テラスモール湘南

More
# by genova1991 | 2019-01-11 15:55 | ・テラスモール湘南 | Trackback | Comments(0)